★ キカラスウリができるまで! ★2016-09-03(Sat)


更新滞っております。
もう一つのブログ 9月10日 更新しましたので よろしければ そちらもご覧いただけるとうれしいです。


またまた 間が開いてしまいました~
トリプル台風は 各地に悲惨な災害をもたらしてしまい 今なお 九州には新たな台風が近づいています。
亡くなられた方々や被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて 久しぶりにキカラスウリ(黄烏瓜)です。
雄花は結構見かけるのですが 雌花は見つけにくかったのですが やっとなんとか・・・
花から果実ができるまでを 2年 に渡って観察しました。

過去のキカラスウリの記事です。

キカラスウリの花は 朝になっても咲いています!



1.
lvg-1189.jpg

キカラスウリ(黄烏瓜)は 北海道~九州各地の林縁 藪などに自生する
ウリ科 カラスウリ属の多年生のツル植物。雌雄異株。 別名 マサキノカズラ(柾葛 真拆蔓)。

花期 6-9月。果期(黄熟) 12-2月。果実長 10cm。花冠径 2cm。花径 7-10cm。花色 白色。

2.
lvg-1209.jpg

まずは雄花から。
葉腋から花柄を出し 筒状の白色の 5弁花 を展開します。
雌花は 1個 ですが 雄花は穂状に数個つき 萼筒は 3-3.5cm 。

3.
lvg-1191.jpg

雄花の蕾です。

4.


雄花は 中央が黄色です。

オンマウスしてね!

5.


萼筒の下には子房の膨らみがありません。

オンマウスしてね!

6.
lvg-1201.jpg

ウリハムシやメイガがやってきていました。
朝のうちはこのように咲いていることがあります。

7.
lvg-1193.jpg

今度は雌花です。

8.


雌花の蕾と横顔。
子房の膨らみがあります。

オンマウスしてね!

9.


花芯は緑色です。

オンマウスしてね!

10.
lvg-1203.jpg

こちらにはイチモンジセセリ さんがやってきました。

11.
lvg-1207.jpg

花後。

12.


果実の卵!

オンマウスしてね!

13.
lvg-1199.jpg

青い果実ができていました。 
雌花には 約 10cm の卵型形状の果実ができ 晩秋に熟して黄色になります。

14.
lvg-1190.jpg

ここで 今一度雌花と雄花を!
これが雄花!

15.
lvg-1192.jpg

そしてこちらが雌花!
レースは雄花の方がゴージャスですね。

16.
lvg-1188.jpg

キカラスウリ(Trichosanthes kirilowii var. japonica)ウリ科 カラスウリ属


今日のぶんちゃんともんちゃん ”暑いね~!” の 巻 '08.09.03


1.
buntomon-58.jpg

いつもの播磨坂。
9月 になったというのに この時もただ ただ暑かった~
ふたりもご覧のとおり!

2.
buntomon-59.jpg

ぶん: ”あちゅいでちゅね~!”
もん: ”たまりましぇんね~!”

3.
buntomon-60.jpg

日差しもあまりに強烈で眩しく・・・
で ふたりは ついこんな顔に!


いつも応援クリックをありがとう! 今日もクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


☆  花の色は移りにけりな白からピンクへ スイフヨウ! もよろしく! 








Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:季節の花たち

Comments(18) | Trackback(0) | 植物-ウリ科

Comment

雄花と雌花の違い、とてもはっきりわかりました。
いつも遠くでしか見えなくて、ただ撮ってるだけの私、、、、
私が撮ったのは、はてさて雄花だったの?雌花だったの?って
今考え中です(笑)
花芯の色がちがうのですね。
今度は崖を登ってもっとじっくり見てみたいです。

2008年の夏も暑かったのですね、
ぶんちゃん、もんちゃん、よく耐えましたね。

2016-09-03 23:59 | URL | aunt carrot [ 編集]

お見事です、青いうちから、雌雄花、実までまで観察。
からすうりの花は、レースのカーテンのようで、
いつ見てもうっとりします。
 
   ・新涼やからすうり在り藪の中

2016-09-04 06:53 | URL | 縄文人 [ 編集]

カラスウリって橙色専門なのかと思っていたので
黄色いのがあるとは意外でした。

ボケーッと見ているだけの私ですが、
雄花と雌花とでは随分違いがあるのですね~!

2016-09-04 09:08 | URL | びーぐる [ 編集]

☆ aunt carrot  さん おはようございます!


1番にお越しいただきありがとうございます。

雄花と雌花 こうしてみると違いますよね。
花芯の色も形もレースの大きさも違います。
何より 萼筒の下部の膨らみがないのとあるのと・・・

崖の上にあるのですか~ お気をつけてくださいね。

わんこは裸足だし 背が低いのでアスファルトの輻射熱をもろに受けてかわいそうですね。
あまり歩かせていません。
日本テリアは 普通のわんこに比べると暑さには滅法強いのです。何しろ真夏でも日向ぼっこをしたがるほどですから。

ありがとうございました。

2016-09-04 11:03 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ 縄文人 さん おはようございます!


ありがとうございます。
観察することが好きなもので。

これはカラスウリに比べると レースががっちりとしていて それでいてちょっと貧弱なような・・・

今日も素敵な1句をありがとうございました。

2016-09-04 11:06 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ びーぐる さん おはようございます!


普通のカラスウリは橙色ですが これは黄色いのでキカラスウリ(黄烏瓜)といいます。

そうなんです。
雄花と雌花とはだいぶ様子が違います。
雄株には雄花のみ 雌株には雌花のみなので 探すのがちょっとたいへんです。

ありがとうございました。

2016-09-04 11:09 | URL | fairy ring [ 編集]

以前もはお兼したのを覚えていますがお花が何とも言えませんね。きれいです。実物はとても目にできないので毎回こちらで楽しませてみらっています。
ぶんちゃん門ちゃんも9月の初めの初さには参ったようですね、たまりません。

2016-09-04 14:55 | URL | カピラ小坂 [ 編集]

fairy ringさん。こんばんは。
2年間も!素晴らしい!
植物も分かっていてもなかなか見つからないものですよね。
私もリス探すのに数年掛かりましたから、その気持ちよくわかります。

黄色いのは初めてです。
赤いのは毎回見ますけど。
冬場も残っていると小鳥に間違えそうですね。

↓スッポン!
地元にいるのですか?
自然豊かな場所ですね。

2016-09-04 20:57 | URL | ふん転菓子 [ 編集]

☆ カピラ小坂 さん こんばんは!


お花は豪華なレースのようですよね。
夕方から咲くので なかなか見かけるチャンスはないです。
このキカラスウリは 午前中も咲いていることがあるので 比較的見やすいのですけどね。ふつうのカラスウリのほうは 朝にはしぼんでしまっていますので 夜に見るしかなさそうです。

この年も残暑が厳しかったようです。
都内も昨日 今日と残暑が厳しく 特に今日は湿度が高くて嫌です。

ありがとうごさいました。

2016-09-04 21:23 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ ふん転菓子 さん こんばんは!


2年は普通です~ 花が咲いて果実がなってを追いかけているとあっという間です。
その年には見られないこともあるのでもう少し時間がかかる場合もありますから。

赤いのは普通のカラスウリですが これは黄色いのでキカラスウリといいます。

ここは小石川後楽園の池の中です。
大小さまざまなスッポンが泳いでいます。ほかにクサガメや大きなコイも。
ミシシッピーアカミミガメもいました~

ありがとうごさいました。

2016-09-04 21:27 | URL | fairy ring [ 編集]

毎年このもじゃもじゃ楽しみにしています(^^)
自然が作り出すアート本当に素晴らしいです
セセリちゃん、もじゃもじゃに絡まないか心配です(笑)

2016-09-04 21:50 | URL | しーたけ [ 編集]

☆ しーたけ さん こんばんは!


そうですか~ ありがとうございます。
自然の造形って 本当に素晴らしいですね。

あはは~ 絡まないようですけどね。

ありがとうごさいました。

2016-09-05 00:01 | URL | fairy ring [ 編集]

こんにちは

キカラスウリの2年に渡る観察記録、見応えがあります。
キカラスウリは黄色い実を遠くからチラと見たことがあるだけ
ですから、ほとんど未知の植物。こうして拝見できて身近なものに
感じられるのはfairy ringさんのおかげです。
夜咲くキカラスウリやカラスウリの花たちは、もしや人が見ていない
ところではレースの先端をひら~りひら~り揺らして、蛾たちを
誘っているのではないかしら…と、ふとそんな妄想をしました(^o^)
 
ぶんちゃんにもん君、わぁ あっついね! 眩しいね!!
8年前も残暑厳しい年だったのですね。
この土日の湿度の高さとねっとりした暑さには、さすがの私も
グッタリな感じでした。

2016-09-05 10:42 | URL | ポージィ [ 編集]

☆ ポージィ さん おはようございます!


ありがとうございます。
遠目にとても目立ちますよね。
そのように言っていただきまして うれしいです。
カラスウリのほうは 夜にしか花が咲かないので夜に見るしかないのですが キカラスウリの場合は 午前中だったら咲いていることもあるので 見やすいですが 雌花と雄花の咲いている場所を見つけるのが大変です。離れていることが多くて。
あはは~ レースで誘っていますか~
甘い香りで 誘っていると思います。そばに行くと何とも言えない香りに包まれますから。

そうなんです~ この年も暑かったのです。
このところの湿度と気温の高さには まいりますね~
特に昨日は夕方ならいいかと 散歩にでかけたら 汗だくだく!
台風のせいでしょうかね。もうこれ以上 災害をもたらすな!っていいたいですね。

ありがとうごさいました。

2016-09-05 11:32 | URL | fairy ring [ 編集]

二年にわたって観察するのは大変ですね。
雄花と雌花 翌年に同じ場所に生えるとは限らないですものね。
おかげで 違いがよくわかりました。
私など実をみつけても キカラスウリとは思わないかも。。

ぶんちゃん、もんちゃん日中の日差しはまだまだ眩しいですよね~

2016-09-05 14:44 | URL | haniwa [ 編集]

☆ haniwa  さん こんばんは!


私にとっては普通のことです。
もっと長く観察しているものもたくさんあるので。
同じ場所に出るのですが 刈り取られてしまうことがあって・・・
雄花と雌花 こうしてみると違いがありますね。
あはは~! そんなことはないと思います。

今日も焼けつくような日差しでしたね~
まるで真夏のような陽気で参りました。

ありがとうごさいました。

2016-09-05 20:35 | URL | fairy ring [ 編集]

さすが!継続観察。
当地での散歩でも見かけるのですが、
雄花ばっかりの物が多く実がなってるのにあまり出会えません。
毎年見かける場所でも気ままな草刈りでなかなかタイミングが。

今回しっかり頭に入りました。

2016-09-06 10:16 | URL | kazebyu [ 編集]

☆ kazebyu さん こんにちは!


ありがとうございます。
そうなんですよね。雄花はよく見かけるのですが 雌花はあまり見つからないのです。
まさに草刈りの対象かもしれませんものね。

ありがとうごさいました。

2016-09-06 15:41 | URL | fairy ring [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/tb.php/990-67b6ee7a

Recent Comments

 

Recent Entries

 

Rccent Track Backs

 

Archives

 

Categories

Search in this blog

↑ クリックしていただけると嬉しいです。

Links

Access Counter

Profile

fairy ring

Author:fairy ring
今 この地球上で生きている森の妖精たちの宴と
白い妖精 日本テリアとの暮らし。
・ ぶん(♀)9歳 もん(♂)7歳 

・ ブログ内の記事 画像などの無断転写 転載は
お断りいたします。
・ ブログの趣旨に合わないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。
・ 使用カメラ
Canon EOS 5D
Canon EOS 7D
Canon EOS Kiss X3
OLYMPUS PEN E-P1
Canon EOS 5D Mark Ⅲ
Canon EOS 7D Mark Ⅱ(G)
Canon EOS kiss Digital X
・ 使用レンズ
Canon FD 24mm 1:1.4 L
Canon FD 50mm 1:1.2 L
Canon EXTENER EF 1.4xⅡ
Canon FD 400mm 1:4.5 S.S.C
Canon EF 24-70mm F 2.8L USM
Canon EF 16-35mm F 4L IS USM
Canon EF 400mm F2.8L IS II USM
Canon EF 70-200mm F 2.8L IS USM
Canon EF 100mm F/2.8L Macro IS USM
TAMRON SP AF Di 90mm F 2.8 MACRO
Canon Compact-Macro Lens EF 50mm 1:2.5