★ ルリタテハさんは いつもいっしょに! ★2015-11-10(Tue)


今日も小雨がぱらつき すっきりとしないお天気でした。
それでも 立冬が過ぎたというのに気温は高めです。

成虫で越冬するルリタテハ(瑠璃立羽)です。
名前の由来は 濃い黒褐色の翅の表面に鮮やかな瑠璃色の帯模様が入ることから来ています。
この帯模様は 前翅の先端部で切れ 白い斑点がつきます。雌雄で差はないのですが ♀は翅と青色帯が幅広になる傾向があります。
裏面は灰褐色で細かい模様があり 樹皮や落ち葉に似せ 翅の外縁は他のタテハチョウ亜科と同様小さな凹凸があります。
平地の森林内や周辺部に生息し 都市部の公園や緑地などにも現れます。
花にはあまり訪れず 雑木林の樹液や動物の糞などにやって来て水分を吸います。

これまで 春先や夏に見たルリタテハを撮りためていたので この秋に見たものと一緒にアップしますね。



1.
lvg-239.jpg

春先 もん ちゃんを連れて公園を散歩していると ルリタテハが私たちの周囲を回り始めました。
ぶん ちゃんだ! と 目で追いかけると・・・
陽だまりを求めて止まりました~
石の上は太陽光で温められて ほかの場所よりも温度が高いのでしょうね。
残念ながら 翅を広げてはくれませんでしたけど 飛んでいる時に美しい瑠璃色を確認しています。  03.29

2.


ルリタテハ(瑠璃立羽)は 東アジア 南アジア(中国 ロシア沿海地方からインドまで。日本 朝鮮半島 台湾 フィリピン スマトラ島 ジャワ島 カリマンタン島に分布し 日本では北海道南部から南西諸島までに分布するタテハチョウ科 ルリタテハ属のチョウ。
ルリタテハ属唯一の現存種。

前翅長 25-45 mm。出現期 3-4月。6-11月。越冬態 成虫。幼虫の食草 サルトリイバラ ホトトギス。

オンマウスしてね!

3.


そして 夏の暑い日に。
クヌギの樹液をカナブンと一緒に吸っていました~ 07.20

オンマウスしてね!

4.


翅を閉じたり開いたりしてくれましたよ。

オンマウスしてね!

5.


翅を閉じて止まっている時は 翅の裏が保護色になるので目立ちませんが 翅を開くと 翅の表側の黒と水色がよく目立ちます。
タテハチョウなので 4本足で踏ん張っています~

オンマウスしてね!

6.


こっちを気にしている様子!

オンマウスしてね!

7.


この秋に出会ったクワ(?)の葉に止まっているルリタテハ さんです。  10.14
ここで見ていたら 見失ってしまいました~
もう会えないのかな~ 少し歩いて戻ってみようっと!

オンマウスしてね!

8.
lvg-242.jpg

しばらくして同じ場所に来たら 待っててくれたかのように私の肩に止まってくれました。
これは もうぶん ちゃんに間違いなし! 
以前にもバルコニーで もん ちゃんと一緒に日向ぼっこしていたら ルリタテハ さんが周囲を飛んでいましたよ。
さすがに肩に止まったルリタテハ さんは 撮れませんでしたが・・・

9.
lvg-244.jpg

長いレンズを持っていなかったので 遠くって・・・
午後 4時 を過ぎていたのですが ヤブツバキの葉に止まって 太陽の光をいっぱいに浴びていました。

10.


オンマウスしてね!

ルリタテハ(Kaniska canace (Linnaeus, 1763))タテハチョウ科 ルリタテハ属


おまけ! 今日のぶんちゃん ”” の 巻 '09.11.10


1.
15bunchan-77.jpg

テラス席が空くまでここで一休み!
ここはいつもの播磨坂のレストラン。

2.
15bunchan-75.jpg

ぶん: ”今日はあったかでいいお天気でちゅね~!”
緊張気味のもん ちゃんは 挙動不審! 笑

3.
15bunchan-76.jpg

ふたり やっとシンクロしました~
ぶん&もん ”待ちくたびれまちた~!”


いつも応援クリックをありがとう! 今日もクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


☆ アオツヅラフジ 今年も! もよろしく! 











Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:花に群がる虫さんたち

Comments(14) | Trackback(0) | チョウチョ

Comment

こんにちは

ルリタテハさんとたくさんの出会いがおありだったのですね。
ご覧になっただけでなく、肩にも止まってくれたなんてステキすぎ。
本当にぶんちゃんだったのかもですね~
一度もお目にかかったことのないチョウチョウです。
翅裏は見事なばかりに枯葉や樹皮に似ていますね。
森の中で、こういう樹皮の木を探せば会える確率が上がるのかな。
 
レストラン前の椅子でくつろぐふたり。
最初のツーショットの雰囲気とても好きです~
うふ このころのもん君はまだ緊張感が強かったのでしたね。

2015-11-10 17:23 | URL | ポージィ [ 編集]

ルリタテハさんがカナブンと一緒に樹液を吸っている一枚に大感動です。
違う種どうしが一緒にお食事、、微笑ましいです。
そんな場面に遭遇したいです。
ブンちゃんともんちゃんのツーショット、とってもカワユシ!

2015-11-10 19:54 | URL | aunt carrot [ 編集]

いつもながら繰り広げられる生き物の姿

素晴らしい、昆虫の生き様と、拝見しました。

  生き様と言うのは、樹木に吸いついて、樹液を求めて食の糧に生き続けるチョウや蛾の姿を朝晩見ていました。
そこには、カブトムシと言う偉大な角を持った王様や、カナブンブンも共存していました(これは夏でしたか・・・季節のほどはチョイト忘れました=昆虫の巣でした?)。

山国育ちの私は、ちょうど今頃になると山から薪を肩に背負い、自宅に運び冬支度、クマが冬眠するのと同じように軒下に1年中の薪を集めました。
このような仕事を小学生のころから“朝っぱか”と言う方言ですが、雪の降り積もるまでに終わらせました。

  蝶がクヌギや、マキの木にすがりつき養分を一心に吸い込む姿を見て
少年時代を回想しました。蝶の群れが来ては離れ、離れては飛びつき樹液を吸いつく様は、今思い起こせば、それはそれは昆虫たちが生きるマトモナ姿なのでしょう。
人が働く姿なのだと同じ様に、あらためて回想しています。
思い起こさせてもらい有難うございました。

まさに、蝶の生きる姿、これが子孫の繁栄につながるのでしょう。
山国では、山特有の生活が有りました。
    
   ・ 蝶生きる クヌギやマキに すがる様

長くなりました、失礼しました。



2015-11-10 20:07 | URL | 縄文人 [ 編集]

☆ ポージィ  さん こんばんは!


1番にお越しいただきましてありがとうございます!

そうなんです~ 折にふれて出会いがあります。
最初に見逃した時は 残念だったのですが きっとまた同じ場所に戻ってくると信じて。
そしたら 肩にとまって出迎えてくれました。

花にはあまり止まらないようなので 樹液とか糞などが好みのようです。

このふたりのショット 今では叶わぬ願いですが こうして懐かしむとかわいかったな~って思います。

そうなんです。緊張感がいっぱいで 通る人やお店の人に吠えまくっていました~ 今では考えられないですが・・・
ラストは多分 唸っていたのでしょうね。

ありがとうございました。


2015-11-10 20:20 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ aunt carrot  さん こんばんは!


よくいろんな虫 さんたちとシェアリングしているようです。
時として恐ろしいスズメバチも!

アカボシゴマダラとタマムシとがシェアリングしているのも見たことありますよ。
高い樹だったので見上げていましたが。

虫 さんたちにとってはあたりまえなのかもしれませんね。

今では思い出となってしまったこのふたりのショットです。

ありがとうございました。

2015-11-10 20:27 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ 縄文人 さん こんばんは!


ありがとうございます。

自然の中では 当たり前のことなのかもしれませんが 都会でこういう風景が見られるというのがまたいいです。
自然がいっぱいのところで幼少期を過ごされたようで うらやましいです。
毎日が 自然界との触れ合いのなかだったのでしょうね。
昔をしのんでいただきまして こちらこそうれしいかったです。

そうですね~ こうして子々孫々 命を紡いでゆくのでしょうね。

今日も素敵な 1句 をありがとうございました。

2015-11-10 20:33 | URL | fairy ring [ 編集]

しっかり姿を覚えました(はず) 自然公園にいるようなので
ぜひ会いたいものです。
6 の翅が綺麗でなんどもパタパタさせてしまいました
眼光も鋭くてかっこいいこと~

2015-11-10 21:08 | URL | haniwa [ 編集]

☆ haniwa  さん こんばんは!


しっかりと姿を覚えてください。
日本にはあまり似たチョウはいないので すぐにお分かりになられると思います。
自然公園にいるのですね~ いいな~

6枚目 ありがとうございます。
そうなんです。目つき鋭いです。

ありがとうございました。

2015-11-10 21:18 | URL | fairy ring [ 編集]

ルリタテハ綺麗ですね!
そうそう頻繁に会えるわけでもないから
あの瑠璃色の翅は感動しますよね♪
この子も成虫越冬ですね。
頑張って冬を乗り越えてもらいたいです。
P☆

2015-11-11 21:51 | URL | Sippo☆ [ 編集]

☆ Sippo☆ さん こんばんは!


はい! とてもきれいですね~
初めて見たときの感動は今も覚えています。

はい! 寒い冬を乗り切ってほしいですね。

ありがとうございました。

2015-11-11 21:58 | URL | fairy ring [ 編集]

ぶんちゃんがルリたてはになって会いにきたようですね、肩に止まってくれたのは嬉しいですね。沢山のお写真でたのしませていただきました、 ぶんちゃんともんちゃん並んでますがもんちゃんは時どきあっち向くのですね。

2015-11-12 17:57 | URL | カピラ小坂 [ 編集]

☆ カピラ小坂 さん こんばんは!


そう思うことにしています。
いきなり肩に止まってくれた時には びっくりしました。

楽しんでいただきましてうれしいです。

あはは~ この頃のもんは 緊張気味で 周囲に対して警戒心が強かったのです。

ありがとうございました。

2015-11-12 18:41 | URL | fairy ring [ 編集]

fairy ringさん。こんばんは。
綺麗な蝶ほど中々翅が開かないと思うのですが、サービス良かったですね!
私シジミチョウを見かけると撮影しようと構えますが、中々開かずそのまま飛んじゃうことが多いのです。
嫌われているのかな?と(笑)

2015-11-12 20:42 | URL | ふん転菓子 [ 編集]

☆ ふん転菓子 さん こんばんは!


そうかもしれませんね。
でも じっと我慢していると案外翅を開いてくれますよ。
最近は寒くなって来たせいか 翅を広げて日向ぼっこをしていることが多いように思います。
そんなシーンが撮れるといいですね。

ありがとうございました。

2015-11-13 00:07 | URL | fairy ring [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/tb.php/924-b1e6c8d9

Recent Comments

 

Recent Entries

 

Rccent Track Backs

 

Archives

 

Categories

Search in this blog

↑ クリックしていただけると嬉しいです。

Links

Access Counter

Profile

fairy ring

Author:fairy ring
今 この地球上で生きている森の妖精たちの宴と
白い妖精 日本テリアとの暮らし。
・ ぶん(♀)9歳 もん(♂)7歳 

・ ブログ内の記事 画像などの無断転写 転載は
お断りいたします。
・ ブログの趣旨に合わないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。
・ 使用カメラ
Canon EOS 5D
Canon EOS 7D
Canon EOS Kiss X3
OLYMPUS PEN E-P1
Canon EOS 5D Mark Ⅲ
Canon EOS 7D Mark Ⅱ(G)
Canon EOS kiss Digital X
・ 使用レンズ
Canon FD 24mm 1:1.4 L
Canon FD 50mm 1:1.2 L
Canon EXTENER EF 1.4xⅡ
Canon FD 400mm 1:4.5 S.S.C
Canon EF 24-70mm F 2.8L USM
Canon EF 16-35mm F 4L IS USM
Canon EF 400mm F2.8L IS II USM
Canon EF 70-200mm F 2.8L IS USM
Canon EF 100mm F/2.8L Macro IS USM
TAMRON SP AF Di 90mm F 2.8 MACRO
Canon Compact-Macro Lens EF 50mm 1:2.5