スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ツバメ さんたち 大きく羽ばたいて! 2009-07-27(Mon)


東京は 土日 晴れてものすごく暑かったのですが 北九州や西日本では豪雨の被害が甚大でした。
都内でも先ほどから時折 激しい雨が降ってきました。
くれぐれもお気をつけくださいね。

小さな建物の駐車場入り口に ツバメの巣を見つけたのは 5月中旬。
その 2日 ほど前に 1番仔 が巣立って すぐそばの電線に止まっていたのをチラッと通りがかりに見ていたのです。
ですが その巣は半分ほど壊れていました。
カラスによって壊されたらしく オーナーさんは巣の周囲に木の枠を設置し さらに緑のネットを張り巡らしました。

ある日  2番仔 を育てるために巣を修理していました。色が変わっているのですぐにわかります。
その 3日後 空っぽだった巣にツバメが! どうやら卵を産んだようです。

7月初め だいぶ大きくなったヒナが 4羽 巣から体を乗り出していました~
7月7日 元気なヒナの様子です。いつ巣立ってもおかしくはありません。
その 2日後 に行くと・・・案の定 巣は空っぽ!
巣の下に落ちていた糞もきれいに掃除されていて がっかりでした。

諦めて 花の写真を撮りに歩いていたら 空からツバメの給餌の際のヒナの独特な鳴き声が・・・
上を見上げると 3階 建ての家のテレビアンテナに あのヒナたちが・・・
手持ちのレンズでは とても遠くってシルエットのようにしか見えませんが 親が給餌する様子が見て取れました。
これを見ることができたのは ラッキーだったとしかいえません。
トリミングをしましたが その様子もご覧くださいね。

巣の撮影にあたっては 親子を驚かさないよう細心の注意を払いました。
緑のネットの穴はツバメが出入りできるくらい大きかったのですが 撮影はとても難しかったです。
撮影するな! ということなんでしょうね~
やはり巣の撮影には 迷いが・・・結果 いい写真は撮れませんでした。


1.
nb-1605.jpg

ツバメ(燕)は 北半球の広い範囲で繁殖し 日本には夏鳥として春先に北海道 本州 四国 九州などに飛来する
スズメ目 ツバメ科に属する鳥類。日本で繁殖するツバメの主な越冬地は 東南アジア。
産卵期 4-7月。 3-7個 の卵を産み 雌雄で抱卵します。
抱卵日数は 約 2週間。3週間 の育趨後 巣立ちます。

ツバメ さんたちの会話が聞こえてきそうでしょ!

2.
nb-1620.jpg

全長約 17cm でスズメよりは大。
背は光沢のある藍がかった黒色。喉と額は赤く 腹は白く 胸には黒い横帯。
尾は長く二股に切れ込み この尾の形から燕尾服という言葉が生まれたそうです。
翼が大きいのは 飛行に適した体型ですが 脚は短いので歩行には不向きのようです。
巣材である泥を集める時は 地面に降りますが その他はめったに降りません。

1番仔たちが 無事に巣立った後 巣の半分が壊されていて呆然としている(?)親鳥。 '09.05.16

3.


その 3日後 にはこのように抱卵していました。色が変わっている部分を修復したようです。 '09.05.19

巣材は泥と枯草で これを唾液で固めて人工物を土台として巣をかけます。
いつの頃からこういう行動をするようになったのかは定かではありませんが 民家の軒先や商店街 駅のホームなど人の出入りの激しい環境で繁殖することが カラス ネコ ヘビなどの天敵からヒナを守ることができるということを学習してきたのでしょうね。

オンマウスしてね!

4.
nb-1606.jpg

”私たち 2羽 しかいないように見えるけど 他の仔たちは隠れているのよ~” '09.07.07

5.
nb-1603.jpg

”ほらね! ちゃんと 4羽 いるでしょ! 大きくなったので巣が手狭なのよね~ あ~おなか空いた!”

6.
nb-1602.jpg

親が戻ってきました。
”ピィーピィーピィー! 早く餌を頂戴!”

7.


満腹すると寝てしまうようです。退屈そうにしている仔もいますね。

オンマウスしてね!

8.
nb-1607.jpg

給餌は雌雄ともにします。これはおそらく雄。

9.


親が戻って来たことを知ると 仔は羽を大きく震わせて 大きな口を開けて待っています。
この時は ふた親とも戻ってきました。画面 左が雄 右が雌。 '09.07.09

オンマウスしてね!

10.


遠いのとアンテナが邪魔をしてきれいには撮れませんでした。

ツバメ(Hirundo rustica Linnaeus, 1758)スズメ目 ツバメ科

オンマウスしてね!










Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(46) | Trackback(0) | 野鳥-ツバメ

Comment

見事ですね

ツバメの巣はコチラではお向かい や商店街やアチコチに見られます。以前毎日観察して写真も撮りましたが、とてもそちらのような躍動感にあふれたものではありませんでした。今も2番目か3番目のがいます。観察中は子供が無事巣立つまでが気になって困りました。落ちた子を拾いましたが、やはり一度巣から離れ人間が触れた子は親鳥は見向いてくれませんで、獣医さんに預けました。野生の子達は難しいですね。

2009-07-27 19:45 | URL | カピラ小坂 [ 編集]

ツバメは幸せに家に巣ずくりをするらしいですよ・・・・!!

ツバメの幼が子が嘴をもたげて、親の運んでくるエサをいち早く受け取ろうと一生懸命。
ここにも兄弟でありながら生存競争の生き物の姿がうかがいしれる・
ツバメは嘘かほんとか巣づくりした家には幸せが訪れるという。
何故か巣づくりを安心してできる、その家の家族と同居するような場所に土を運び草の末端を運びこんで巣をつくる。そしてまた翌年もその巣で子づくりをして巣立つといわれます。

これを静かに見守る家、全部生まれた子供が、巣立ってほしいという願いが家の人たちからひしひしと伝わりツバメもその役目を声援に応えて果たすのでしょう。

何時もバッチリ鮮明な画像有難う。

2009-07-27 20:00 | URL | 縄文人 [ 編集]

あらま!やっと更新ですね、遅いので夏バテでひっくり返って
おられるのかなと心配しましたが、良かった良かった!
ツバメは人から愛されていますがほんとに可愛いですよね。
カラスに襲われたらいちころの様な巣なので気になりますよね・・

2009-07-27 20:23 | URL | びーぐる [ 編集]

☆ カピラ小坂  さん こんばんは!


1番にお越しいただきまして ありがとうございます。

そうですね~
にぎやかな商店街には たくさんのツバメの巣がかかっていますね。
そちらではコシアカツバメでしょうね。
3番仔を育てる場合もありますね。
さすが 何度もツバメを観察されていらっしゃいますね。

そうなんですね~
人間が触ってしまうと子育てを放棄しますね。
落ちてしまったのは おそらく弱いからで その仔の運命だったのでしょうね。

8月になると街中から消えて 河原のヨシ原に大群で集まってねぐらにしています。

コメントをありがとうございます。

2009-07-27 20:24 | URL | fairy ring [ 編集]

表情がすばらしい

ツバメの巣は暗いところが多くて撮りづらいです。
ここの雛たち、見事に撮れていますね。
表情が生き生きしています。
5,6枚目、最高の表情です。
9,10枚目、これはすごいです。
特に9枚目のマウスオンのフォト、すばらしいです。
人を頼りにはるばると南方から渡ってくるのですから、親切にしてあげたいものです。
中には作り始めた巣を糞をきらって削り取ってしまうお宅があります。

2009-07-27 20:25 | URL | asitano_kaze [ 編集]

☆ 縄文人  さん こんばんは!


野生生物は 幼い頃から生存競争も厳しいものがありますね。
どうしても強い仔が前に出る傾向があるので 大きさに違いが出てきたりします。

おっしゃることは本当だと思います。
いつの頃からか 人間のそばで巣作りをすることを学ぶことで人間の目に守ってもらえることを学習したのでしょうね。
ツバメが来る家は幸せが お店は繁盛していることの証ですからね~
人間もとてもツバメを大事にしてきました。

鳥の中には 一夫多妻のものも多くいますが ツバメは一夫一妻のようです。
安心だとわかると 翌年も同じ場所に営巣しますね。

あまりいい写真は撮れませんでしたが 楽しんでいただきまして 嬉しいです。

コメントをありがとうございます。

2009-07-27 20:31 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ びーぐる  さん こんばんは!


はい! あまりの暑さにpcを開く気も起こりませんでした~
夏バテです~~!

今日はちょっと涼しくなったので・・・
ご心配をありがとうございます。

はい! 昔から人間に愛されてきたツバメです。
カラスは悪食ですからね~
あんな大きな鳥に襲われたらひとたまりもありません。
利巧なので ヒナが大きくなるのを待っているという話ですよ~~!
それでこのオーナーさんは 囲いをしてあげたようですが もう少し美観を考えてほしかったです~~
まぁ~ 無事に巣立ったのですから文句はいえませんが。

コメントをありがとうございます。

2009-07-27 20:36 | URL | fairy ring [ 編集]

嬉しい♪

ツバメって可愛いですね!空を飛翔している姿はかっこよく、
巣に押し合いへしあいしている雛たちはなんとも愛らしい。
うちのあたりは近くに田んぼもあるしまだまだ田舎のはずなのですが、
越してきた15年半くらい前と比べるとツバメを見かけることが
激減してしまいました。巣をかけられるような軒下などが減ったから
他の理由からなのかは分かりませんが、寂しく思っています。
ですから、可愛い姿をこうして見せていただけてすごく嬉しかったです。
このお宅では巣を作られたことを嫌ったりせず、大事に見守って
あげていたのですね。よかった(^^)
どれもすばらしいお写真ですよ。アンテナでの給餌もきれいですよぉ。
珍しい場面を見事捉えてくださってます。

2009-07-27 20:36 | URL | ポージィ [ 編集]

☆ asitano_kaze  さん こんばんは!


はい! おっしゃるとおりです。
おまけに木の枠と緑のナイロンのネットをかけられてはね~~
ツバメのことを思ってされたので 文句はいえませんが・・・

本当はもっとグッドチャンスがあったのですが 暗くって使い物にはなりませんでした~~課題を残しましたが 巣を撮るのはちょっと考えてしまいます。

5 6 枚目ありがとうございます。
空中給餌はもっと近くから撮りたかったのですが あまりに高いところだったので 仕方ありません。証拠写真です~~!
本当はこれももっと口移しのシーンもあったのですが 針金とアンテナとが邪魔で没にしました~

難しいことはチャレンジですね~~

コメントをありがとうございます。

2009-07-27 20:42 | URL | fairy ring [ 編集]

こんばんは

先日小石川の植物園に行ったら、日本庭園の一番奥のところの低いロープの上に2羽のヒナが並んでいました。
親がエサを運んでくれるのを待っていたと思うのですが、人が近付いたので親が警戒したのか一緒に飛んで行ってしまいました。TVアンテナの上だと高いから安心ですね。
宮ヶ瀬のイワツバメも巣立っていました。

2009-07-27 21:27 | URL | 横浜のおーちゃん [ 編集]

先日、母が助けようとした雀の子(ケガをしていたそうです)が、目の前でカラスの餌食になってしまったそうです。自然界の掟とはいえ、目の当たりにすると気分が暗くなりますよね。
それに引き換え、こういう明るい写真を出してくださったので気分はバッチリ夏仕様です。
小ツバメの台詞が表情ともあっていて微笑ましいこと。
無事巣立ってくれて何よりです。

2009-07-27 22:56 | URL | 秋 [ 編集]

こんばんは!
ツバメさんの親子の様子、本当によく観察して、
素敵に撮られていますね!
別の場所でまた見つかって、良かったですね~♪
アンテナの上での給餌、素敵です~!
かえってこのアンテナがドラマを感じさせてくれました(*^-^*)

2009-07-27 23:02 | URL | Sippo☆ [ 編集]

わ~!さすがですっ!! ツバメの巣や様子をこんなにキレイに撮れるなんて!! こちらでもよく軒先に巣を作っていますが、通りすがりに見上げるくらいで、こんな風になってたんですね巣^^。 針金なんかも使って巣作りをするとはTVで見聞きしましたが。 ツバメを下から見るのもおもしろいですね~ 
こちらは今日はトンボが沢山飛んでいて初秋のようでした。まだ梅雨も明けてないのに・・・

2009-07-27 23:08 | URL | ririma [ 編集]

人の近くで子育てをするので、よく見られますね。
といって、今年は見れませんでした。

それにしても、巣から顔を出した姿の可愛いこと。
元気に育ってほしいですね。

2009-07-27 23:32 | URL | hisamichi [ 編集]

ステキな写真ですね

ツバメの巣がなぜ民家のいろいろな場所にあるのかふしぎでした。そういうことだったのですね。
近所に毎年巣を作る家があります。そこは、車庫の中。玄関もあって、飼い猫もいます(笑)かなり糞で汚れるので大変だと思います。でも、カラスに狙われないように、CDがたくさんぶらさげてあったり、シャッターを半分閉められたり・・・その家のかたのやさしさにいつも頭が下がります。子が巣立つと、寂しいと言われています。
近くでは見たことがなかったので、興味深く見させていただきました。

2009-07-27 23:54 | URL | パル母 [ 編集]

☆ ポージィ  さん こんばんは!


喜んでいただけて嬉しいです。
ツバメは 昔から人間に可愛がられてきましたよね~
こちらでも 巣をみつけるのは 難しいです。
それまでは 毎年営巣していたところがあったのですが 人の出入りがなくなったせいか いつの年からか来なくなりました。なので久しぶりに見られて嬉しかったです。
そうなんです。
オーナーさんはカラス避けのために枠を作ってあげていました。
ツバメの来る家は いいことがあるというお話を信じていらっしゃるのだと思います。
あまりいい写真は撮れなかったのですが そのように言っていただけて嬉しいです。

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 00:07 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ 横浜のおーちゃん  さん こんばんは!


今頃の季節は ヒナたちが巣立っているシーンを見ることができますよね。

イワツバメは 集団で営巣するのでこれもまた 面白いと思います。
本来は 山の中に営巣するはずのツバメたち 人間のそばを選択したというのが 賢いというか・・・

テレビアンテナはいかにも高すぎました~~

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 00:11 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ 秋  さん こんばんは!


まぁ~ そんなことがあったのですか~
自然界の掟には 厳しいものがたくさんありますね。

そのように言っていただけて嬉しいです。
1番仔 2番仔とも無事に育ってくれてほんとうによかったです。
可愛いでしょ!
もしかしたら 3番仔もそだてるかな~? 時間的にはもう無理かもしれませんが・・・

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 00:14 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ Sippo☆  さん こんばんは!


ありがとうございます。
あまりいい写真が撮れなかったのですが そのように言っていただけて 嬉しいです。
人工物とツバメ この取り合わせが面白いですよね。
いろんなところに営巣するのを過去に見たことがあります。

アンテナの上での給餌も見ている分にはおもしろいのですが 何せ遠くて その時持ち合わせていた手持ちのレンズではこれが精一杯!

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 00:17 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ ririma  さん こんばんは!


そちらはまだ梅雨明けしていないのですね~
ニュースではたいへんな豪雨に見舞われていらっしゃるようですが・・・

こうやって見ると面白いでしょ! 笑
やはりツバメを多く見かけられるのですね。
この巣もビニール紐のようなものを巣材に使っていました~

トンボ こちらでも時々見かけるようになりました。
秋がやってくるのが早いのかも~~!

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 00:21 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ hisamichi  さん こんばんは!


そちらでは 見かけることが少ないのですか~
こちらでは 飛んでいる姿はよく見るのですが 巣はあまり見かけません。

身近に見られる鳥さんのひとつですね。
ヒナたち とても可愛かったです~

今頃は河原のヨシ原をねぐらにしているのでしょうね。

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 00:24 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ パル母  さん こんばんは!


ありがとうございます。

ま~そうだったのですか~
優しいオーナーさんでよかったですね。
中には出入り口が糞で汚れるので 上の方に糞除けを作られたりするところもあるようです。
それが厭な場合は 巣を壊してしまうおうちもあるようで・・・
昔から人間のそばで暮らして 人間とは仲良しの鳥さんですよね~
抱卵から子育ての一環を見守っていらっしゃると 巣立った後が寂しいというお気持ち よくわかります。

こんな説話もありました~
昔は スズメとツバメとは姉妹だったのですが 親の死に目にスズメは形振り構わず駆けつけたけど ツバメはお洒落をしていて間に合わなかったとか。以来 神様はスズメには五穀を食べ ツバメには虫だけを食べるようにしたとか・・・
どっちがいいのでしょうね~? 虫の方が栄養高い気がしますが・・・笑

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 00:31 | URL | fairy ring [ 編集]

つばめ かわいいですね。

私もつばめのヒナの季節はとても楽しみでした。

ここらへんでは見ないです。

2009-07-28 07:21 | URL | Miwako [ 編集]

子育て

新潟県は雪囲い?軒先が大きな商店街のようになっていますよね。
人間の知恵で作ったその場所を夏場上手に使うそうです。しかし、現在人間が朝日が上がっても田畑で仕事をしないようになってから、早朝カラスの被害に。
文明は人間だけで、生き物には無縁。

近所で時々巣から顔を出しますが、以前まで五羽と思っていたら六羽でした。(笑い)
巣から一斉に顔を出すと、子供が掌を広げ大きな紅葉のようです。来年も元気に来て欲しいですね。

2009-07-28 08:37 | URL | ふん転菓子 [ 編集]

☆ Miwako さん おはようございます!


はい! とても可愛いです。
特に目元と口元!
大きな口は柔らかいゴムのようです~~笑

そちらでは見かけないのですか?
それは寂しいですね。

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 09:55 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ ふん転菓子  さん おはようございます!


そうなんですか。
人間の作った物をうまく利用しているのですね~

それはいえるかもしれません。
早起きしなくてすむような環境になれば・・・
カラスも利巧ですからね。

6羽もいたのでは 巣が狭いでしょうね。カラスにやられないことを願います。
でもおっしゃるように巣立ち間近になると巣のお皿の上に並んでいる姿は 手かモミジのようですね。

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 10:01 | URL | fairy ring [ 編集]

こんにちは^^

ツバメさんがこんなにたくさん^^
しかし、凄い望遠で撮っているのかしら?
とっても大きく鮮明に撮れているので凄いなぁー♪
この子達はいつ飛び出すのだろう?
元気で育って世の中に出て、また帰ってきて欲しいものですね!!!
燕尾服の貴公子達に幸あれ~~~☆ (^^)

2009-07-28 13:07 | URL | 理彩也 [ 編集]

☆ 理彩也  さん こんにちは!


使ったのは 小さいのは90ミリマクロ 巣の中は200ミリ 400ミリ 電線は200ミリです。
35ミリ換算するともう少し大きな倍率になります。

そんなにいい写真ではないのにお褒めいただきまして 恐縮です。

記事にも書きましたがこの翌日か 2日後 に巣立ちましたよ。

大人になってまた戻ってきてくれるといいですね。
親鳥も来年また来てくれると思います。

ツバメのお洋服はかっこいいですよね~

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 13:19 | URL | fairy ring [ 編集]

ツバメの顔 可愛いですね~
無事に巣立って 巣立ち後の様子まで見せて頂けて
観察を続けていたのでなくても ホッとします。
このあたりも 越してきたころと比べると、ツバメが少なくなりました。
田んぼはいくらか残っていますが。

2009-07-28 14:36 | URL | haniwa [ 編集]

おはようございます☆

ツバメたちそろそろ巣立ちなのですね~
元気に旅立ってもらいたいです。
シッチェスは教会のあたりに巣作りをしているようなのですが、なかなか見える所にはありません。
かなり高い所にあるようです。

そういえば、昔はよく軒下に巣作りしていたのを思い出します。
撮影は難しかったと思いますが、ヒナ達の表情がとても可愛いですね~
元気に旅立ってほしいです☆

2009-07-28 16:11 | URL | rudy-love-111 [ 編集]

☆ haniwa  さん こんにちは!


はい! とても可愛いです。

巣が空っぽだったのを何回か見ていたので 諦めてしまったのかと思っていたのですが ここまで大きくなっていたのには感激でした。
しかも巣立ち後の姿まで見ることができて 幸せでした。

そうなんですか~
ツバメは 昔から人間とともに生きているので 見られなくなることは寂しいですね。

こちらこそ 楽しんでいただけて嬉しいです。

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 17:18 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ rudy-love-111  さん こんにちは!


このツバメのヒナたちは 無事に巣立ちましたが まだまだ営巣しているツバメもいるので 無事に巣立ってほしいです。

高いところは届きませんが だいたいは低い所に巣をかけるようです。

今頃は河原のヨシ原をねぐらにしていると思います。
8月の中旬には 何羽もの大群になります。

また来年 日本にやってきてほしいですね。

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 17:21 | URL | fairy ring [ 編集]

ツバメの子育てもなかなか大変ですね。
カラスが巣を壊したりするんですね。
それでもめげずにちゃんと補修して、
偉いですね。

2009-07-28 19:29 | URL | 和さん [ 編集]

☆ 和さん  さん こんばんは!


自然界の掟には厳しいものがありますからね~
ツバメは人間に守られて 幸せなのかもしれません。

カラスは利巧ですから 巣を作るとちゃんと見ていて雛が孵る頃に襲うようです。
そのカラスも子育てに追われているのでしょうね。

ここで成功したので おそらく来年もまたやってくることを期待しています、

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 19:41 | URL | fairy ring [ 編集]

よく撮れてますね。

えおころで、ツバメたちのウンチの姿はどうでした。
お尻を出して・・・愉快ですよ。

2009-07-28 20:38 | URL | kazebyu [ 編集]

つばめの様子を一枚々拝見して感動しました。
身近な鳥ですが、こうしてじっくり間近では見たことがありませんでしたよ。
ウォーキングの途中、市内に流れる小さな川面を行ったり来たりしているツバメを目で追うのですが、今だに巣がどこにあるか分からずじまいです。
巣がどのように出来るのかも知って嬉しいです。
つばめ、余計可愛く感じましたよ。
アンテナの上のも、翼を広げていたり良いお写真で楽しませていただきました。

2009-07-28 21:11 | URL | EMA [ 編集]

ツバメの巣営の様子、楽しく拝見させていただきました。
それにしても、なんという偶然なんでしょ。
数年前に我が家の軒先で子育てした時の写真を、同じ日にアルバムにアップしたところでした。
写真を選びながら当時の様子を懐かしんでいたところ、このエントリーを見て更に愛おしさが増してきました。
ありがとうございます。

2009-07-28 21:54 | URL | kazu-m [ 編集]

☆ kazebyu  さん こんばんは!


拙い写真をありがとうございます。

ここは人通りもそこそこで 私が写真を撮っていると皆さん 巣の前で陣取られるので 親が放棄しては困るので 長い間はいないようにしました。
なので 糞をするところは撮っていません。
以前 ツバメをじっくり観察していた時には 見ましたよ~
可愛いですよね。
小さい頃は 親が餌を与えた後で糞を銜えて他に持って行きますが ヒナが大きくなると 自分たちで後ろを向いてしますよね。

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 23:02 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ EMA  さん こんばんは!


ありがとうございます。

川に出ているのは 虫を捕まえたり 水飲み 水浴びのためでその近くには巣はないと思います。
巣は 人や車の出入りの激しい場所に構えます。

田んぼや地面の泥を口で適当な大きさに加えて唾液とともに固めて作ります。

手持ちのレンズではこれが精一杯だったのですが 証拠写真です。

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 23:06 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ kazu-m  さん こんばんは!


ま~ そうだったのですか~
アルバム 拝見いたしました。
卵から孵化後のツバメのヒナの様子 昔 観察したことを思い出しましたよ~
同じ日にエントリーだなんて! 光栄でございます。

身近にいるツバメ なんともいとおしいですね。

コメントをありがとうございます。

2009-07-28 23:10 | URL | fairy ring [ 編集]

いや~ 十分綺麗ですよ!
ツバメの巣は高い所にあるから なかなか覗けませんよね。
とても おもしろかったです。
赤ちゃんはみんな可愛いね。
両親で巣作りから子育てまでしてる姿は微笑ましいです。
うちはぶーたんはノータッチでしたから~

2009-07-29 12:28 | URL | ぶーたんママ [ 編集]

☆ ぶーたんママ  さん こんにちは!


ありがとうございます。
中までは ミラーを使うとかしないと見えないですよね。
楽しんでいただけて嬉しいです。

どんな動物も赤ちゃんは 可愛いですね。
鳥さんも雌雄で子育てするのもいますが 雌に任せっぱなしというのが多いですよ~
ぶーたん君 と同じ! 笑
巣立ちは寂しいですね。ユウ君もいなくなって寂しいですね。次は誰かな~~?

コメントをありがとうございます。

2009-07-29 13:14 | URL | fairy ring [ 編集]

5枚目のむかって左端のベイビーは笑っているようです!!
美味しいご飯を貰ってご満悦なんでしょうか!?
こちらまで幸せな気持ちになりました^^
ありがとうございます^^

2009-07-30 19:22 | URL | はまぴー [ 編集]

☆ はまぴー  さん こんばんは!


はい! この写真が一番 ヒナが可愛く撮れたと思います。
口が大きくって 体が丸っこくって 人間の赤ちゃんも含めて 動物の赤ちゃんは可愛いくできていますよね。

きっとご満悦なんでしょうね~~笑
もらう方も生存競争などがあってたいへんなんでしょうが それを運んでくる親はたいへんですよね。

幸せな気分になっていただけて嬉しいです。

コメントをありがとうございます。

2009-07-30 22:30 | URL | fairy ring [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009-08-11 14:25 | | [ 編集]

☆ 2009-08-11 14:25 の鍵コメ さん こんにちは!


そうだったのですか~ それは嬉しいです。
これはヒナなので顔中口だらけ(笑)のような感じです。
クチバシも柔らかく 大きな口を開けて親鳥から餌をもらっています。

4羽の表情が1番可愛かったのがこの画像なんです。
ありがとうございます。

はい! 都会の巣作りはその辺にあるいろんなものを利用しているみたいです。緑のビニールテープのようなもの気になりますよね~~
修復はとても上手です。
来年 またこの巣に戻ってきてくれると嬉しいです。

コメントをありがとうございます。

2009-08-11 15:57 | URL | fairy ring [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/tb.php/86-757f80f4

Recent Comments

 

Recent Entries

 

Rccent Track Backs

 

Archives

 

Categories

Search in this blog

↑ クリックしていただけると嬉しいです。

Links

Access Counter

Profile

fairy ring

Author:fairy ring
今 この地球上で生きている森の妖精たちの宴と
白い妖精 日本テリアとの暮らし。
・ ぶん(♀)9歳 もん(♂)7歳 

・ ブログ内の記事 画像などの無断転写 転載は
お断りいたします。
・ ブログの趣旨に合わないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。
・ 使用カメラ
Canon EOS 5D
Canon EOS 7D
Canon EOS Kiss X3
OLYMPUS PEN E-P1
Canon EOS 5D Mark Ⅲ
Canon EOS 7D Mark Ⅱ(G)
Canon EOS kiss Digital X
・ 使用レンズ
Canon FD 24mm 1:1.4 L
Canon FD 50mm 1:1.2 L
Canon EXTENER EF 1.4xⅡ
Canon FD 400mm 1:4.5 S.S.C
Canon EF 24-70mm F 2.8L USM
Canon EF 16-35mm F 4L IS USM
Canon EF 400mm F2.8L IS II USM
Canon EF 70-200mm F 2.8L IS USM
Canon EF 100mm F/2.8L Macro IS USM
TAMRON SP AF Di 90mm F 2.8 MACRO
Canon Compact-Macro Lens EF 50mm 1:2.5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。