★ ムラサキツバメ さんとムラサキシジミ さん! ★2014-09-08(Mon)


台風 14号 のせいで 関東だけ 雨が降っているようです。
今日はだいぶ涼しくなりました。

今回はムラサキシジミ(紫小灰蝶)とムラサキツバメ(紫燕)とです。
ムラサキシジミとは この 2月 に出会ったことがあります。
名前の由来は 羽を閉じている時の様子が シジミ貝の内側に似ていることと 
翅の表側が紫色に輝いて見えることから来ています。
そして何とムラサキツバメにも出会うことができました。
こちらの方の名前の由来は さらに後翅にツバメのような尾状突起があることから来ています。
どちらも南方系のチョウで 温暖化で北上して関東まで進出してきたようです。
ナガサキアゲハ ツマグロヒョウモン ムラサキツバメといい 北上を続ける南方系のチョウたちは ♂よりも♀の方が何故か美しいのが不思議です。

過去のムラサキシジミの記事もごらんくださいね。

ムラサキシジミとマエアカスカシノメイガ



1.
hnb-8392.jpg

散歩の途中で  いきなり頭から降って来たチョウチョ さん!
あなたとはどこかでお目にかかったことあったかしら?

2.
hnb-8393.jpg

この春出会ったチョウチョと 似ているようでちょっと違う。
尾状突起があるのですもの~
これがすぐに目に飛び込んで来ました。

3.
hnb-8394.jpg

そのつぶらな瞳に ぶん姫を思い出してしまいました。
あなたは きっとぶんちゃんの代わりに現れてくれたのね。

4.
hnb-8395.jpg

ユスラウメの葉の上でじっとしていたあなたは ムラサキツバメ さん!

5.
hnb-8396.jpg

ムラサキツバメ(紫燕)は ヒマラヤ地方東部~中国南部 マレー半島 台湾 日本の温暖な地域の照葉樹林帯に分布する
シジミチョウ科 ムラサキシジミ属のチョウ。
日本に分布するものは日本亜種 Narathura bazalus turbata とされています。

大きさ(前翅長)19-23mm。開帳 36-40mm。出現期 5-12月。越冬態 成虫。
幼虫の食草 マテバシイ シリブカガシ。

6.
hnb-8397.jpg

後翅には細い尾状突起が 1対 あり 近縁種のムラサキシジミと比べると 本種の方がわずかに大型です。

目と目とが合って しばらく語り合う時間がありました。
同じようなカットばかりですみません。つい可愛くって・・・

7.
hnb-8398.jpg

♂の翅の表側は ほぼ全体が深い紫色に輝く鱗粉で覆われ 周囲を黒褐色で縁取られていますが 
♀では 前翅の中央部のみ 鮮やかに青紫色に輝きます。♀の方が美しいんだそうです。
翅の裏面は ♂ ♀とも薄い褐色で 色の濃い斑紋が数個並びます。

8.
hnb-8399.jpg

翅は広げてくれませんでしたけど じ~っと動かずにいました。
なので あちこちから見つめました~

9.
hnb-8401.jpg

真正面から~
そばに行っても一向に逃げる気配はありませんでした。

10.
hnb-8402.jpg

ムラサキツバメ(Narathura bazalus (Hewitson, 1862) シノニム Arhopala bazalus)シジミチョウ科 ムラサキシジミ属

11.
hnb-8403.jpg

そんなことがあってから数日後。
今度はアメリカアサガオの傍にいたら これまた頭からチョウチョが降って来ました~ 

12.
hnb-8404.jpg

こちらが この春出会った ムラサキシジミ さんです。
よく似ているでしょ!
ムラサキツバメ さんによく似ていますね~
だけど決定的な違いは 尾状突起がないことと少し小さめなんです。

13.
hnb-8405.jpg

ムラサキシジミ(紫小灰蝶)は 本州(関東以西) 四国 九州 沖縄に分布し 常緑林周辺などで見られる
シジミチョウ科 ムラサキシジミ属のチョウ。

大きさ(前翅長)14-22mm。開張 約 30-40mm。出現期 3-4月。6-10月。越冬態 成虫。
幼虫の食草 アラカシ イチイガシ スダジイなどのブナ科常緑樹。

14.
hnb-8406.jpg

ムラサキシジミ(Narathura japonica (Murray, 1875))シジミチョウ科 ムラサキシジミ属


おまけ! 今日のぶんちゃん ”帽子が気になりまちゅる~!” の 巻 '01.09.08


1.
bunchan-3504.jpg

洋服とおソロの帽子を被せられて。

2.
bunchan-3505.jpg

そばには 遊び用のロープがあるのですが そんなものに構ってはいられないのでしょう!
帽子が気になって 気になって!
ぶん: ”これ! 取ってくだちゃい!”


いつも応援クリックをありがとう! 今日もクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


☆ ツユクサはまだまだ元気に咲いています!  もよろしく! 










Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:昆虫の写真

Comments(14) | Trackback(0) | チョウチョ

Comment

こんにちは

ムラサキツバメにムラサキシジミ、どちらも頭の上から
降るようにして登場してくれたのですね♪
しかもその後はじっとして。なんて嬉しい出会いなのでしょう。
珍しいシジミチョウさんたち、良かったですね(^^)
 
南方系でも鳥は雄の方が鮮やかで美しいのに、蝶の南方系は
雌の方が美しいとは面白いですね。どんな理由があるんでしょ。
ムラサキツバメは、光の加減かほんとにそうなのか、目も触覚も紫に見えます。
翅裏のシックな模様もステキですね。
どちらも成虫で越冬ですか。この子たちも越冬組になるかしら。
時期的にまだ早いでしょうかね。
 
おっ ぶん姫のお衣装も紫色ですね♪
帽子も似合ってるけど、嫌なのですね~

2014-09-09 10:27 | URL | ポージィ [ 編集]

こんなにじっくり見てても逃げなかったなんて。
ぶんちゃんですね。
季節の変わり目、きっと様子を見にきてくれたんですね。
たくさんお話できましたか。
やさしいな、ぶんちゃんは。^^

2014-09-09 12:34 | URL | くらふぇ [ 編集]

☆ ポージィ さん こんにちは!


1番にお越しいただきまして ありがとうございます。

そうなんです~ 頭の上から降ってわいたように・・・
そして そのまましばらくいてくれました。

鳥でも♀の方が派手なものもいますが たいていは♂の方が派手ですよね。
派手であることは天敵からも目立ちますが それにも負けないという自信の表れでしょうか・・・そういう強い♂に♀は引かれるのでしょうね。
チョウチョも卵を持つ♀の動きはどうしても♂に比べて遅いので 地味目の方が多い中 ♀の方が派手なものもいることが驚きです。
ツマグロヒョウモンは カバマダラに似せて派手と言う説もありますが ムラサキツバメの場合はどうなんでしょうね。

この青紫色は カワセミやモルフォチョウの構造色と同じで光の加減によっていろいろと見えるようですね。

冬には暖かい場所で 集団で越冬しているそうです。

ぶんの服は紫と言うよりブルーなのですが・・・
自分の体を締め付けられるようなものは大嫌いのようです~笑

ありがとうございました。

2014-09-09 17:07 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ くらふぇ さん こんにちは!


やっぱり そう思われますか~
私も初めからそう思いましたよ~

指を差し出してもにげませんでしたから。
残念ながら指には乗ってくれませんでしたけどね。
はい! 目と目と見つめ合ってたくさんお話をしましたよ。

ありがとうございました。

2014-09-09 17:09 | URL | fairy ring [ 編集]

こんばんは~
ムラサキツバメさんと目と目があって語りかけるように撮れたなんて、嬉しいことですね。
こんなにいっぱいの素敵なショットが!!
違いをじっくり拝見しました。
開いた時の翅色はどちらもあの美しい色ですか?

ぶんちゃん、帽子が苦手なのかしら(*^。^*)

2014-09-09 19:00 | URL | fumifumi [ 編集]

ムラサキツバメさんは、
一見とても地味な蝶ですが、
良く見ると繊細な模様があり美しいですね。
ムラサキシジミさんはちょっと小さいんですね。
とても良く似てますね。

2014-09-09 20:08 | URL | 和 さん [ 編集]

☆ fumifumi さん こんばんは!


そうなんです~
ずっと見つめ合って語り合いましたよ。
はい! 表の翅は どちらも♀の方が美しい色合いをしています。

帽子も洋服も体に纏わりつくものが嫌いのようです~
裸でいることが一番のようで・・・

ありがとうございました。

2014-09-09 20:26 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ 和 さん さん こんばんは!


そうなんです~ 裏の翅は地味なんですが よく見るといろんな模様があって 色も光によっていろいろと反射してとてもきれいです。
表の翅も見たかったですが・・・
はい! ムラサキシジミさんの方が小型です。
とてもよく似ていますね。

ありがとうございました。

2014-09-09 20:28 | URL | fairy ring [ 編集]

紫ツバメに紫シジミさん 智にじっくり拝見にしました。正面のは又何とも言えないユニークさがありますね。お目目が確かにぶんちゃんを思いださせてくれます。うっすらとした綺麗な紫ですね。
ブんちゃんも紫のスタイルで これはあまり覚えがないスタイルですが。

2014-09-10 07:03 | URL | kapira 小坂 [ 編集]

おはようございます^^

わぁ~ これは初めて知りました^^ 
地味目なカラーだけれど、存在感はバッチリ☆
こんなにたくさんの姿を撮らせてくれるなんて、、、凄い!!!
しかも、お顔がシッカリと見えて・・・、意外と可愛いです♪
ジックリと撮らせてくれたのもぶんちゃんの化身だから? (^^)
素敵な出会いでしたね^^

あ、ぶんちゃん、おソロのキャップとウエアーはメッチャ格好良い☆
このカラーを薄めな色にしたら蝶のカラーになるのでは?
なんて思っちゃいました♪
ポチ☆彡

2014-09-10 10:08 | URL | 理彩也 [ 編集]

☆ kapira 小坂  さん こんにちは!


楽しんでいただきましてありがとうございます。

正面顔 とてもユーモラスですよね。
地味ですが 美しい模様もあってお洒落なチョウです。

ブログを始めたのが2006年なので それ以前の画像は何かの折にしか 発表していないので まだまだ秘蔵写真はあるのです。
この洋服と帽子のスタイル 回数はないですが 以前にもアップしていると思います。

ありがとうございます。

2014-09-10 15:45 | URL | fairy ring [ 編集]

☆  理彩也 さん こんにちは!


とてもシックなチョウでしょう!
残念ながら 表の翅を見ることができませんでしたが 裏の翅もなかなかお洒落です。

可愛いでしょ!
はい!これはもうぶんちゃんそのものです~笑

こんな時代もあったのですね~
コレ 皆様 紫とおっしゃるようですが ブルーなんですよ。
モニターによって違った色に見えるのでしょうね。

ありがとうございました。

2014-09-10 15:51 | URL | fairy ring [ 編集]

黒い目の蝶が舞い降りてきて お話できたのなら
ぶんちゃんですね。
羨ましい~

お洋服きたぶんちゃん、脱ぎたくてお口で引っ張りそうだわ。
おしゃれには興味がない?

2014-09-10 23:00 | URL | haniwa [ 編集]

☆  haniwa さん おはようございます!


はい! ぶんちゃんに間違いありませんです~ 笑
マリちゃんは 現れてくれませんか~

ははは~ 自分で服を脱ぐということはしないですが 帽子やゴーグルは 取ってしまいます。
裸が一番のワンコで お洒落には全く興味なしです。

ありがとうございました。

2014-09-11 10:05 | URL | fairy ring [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/tb.php/809-f62f754d

Recent Comments

 

Recent Entries

 

Rccent Track Backs

 

Archives

 

Categories

Search in this blog

↑ クリックしていただけると嬉しいです。

Links

Access Counter

Profile

fairy ring

Author:fairy ring
今 この地球上で生きている森の妖精たちの宴と
白い妖精 日本テリアとの暮らし。
・ ぶん(♀)9歳 もん(♂)7歳 

・ ブログ内の記事 画像などの無断転写 転載は
お断りいたします。
・ ブログの趣旨に合わないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。
・ 使用カメラ
Canon EOS 5D
Canon EOS 7D
Canon EOS Kiss X3
OLYMPUS PEN E-P1
Canon EOS 5D Mark Ⅲ
Canon EOS 7D Mark Ⅱ(G)
Canon EOS kiss Digital X
・ 使用レンズ
Canon FD 24mm 1:1.4 L
Canon FD 50mm 1:1.2 L
Canon EXTENER EF 1.4xⅡ
Canon FD 400mm 1:4.5 S.S.C
Canon EF 24-70mm F 2.8L USM
Canon EF 16-35mm F 4L IS USM
Canon EF 400mm F2.8L IS II USM
Canon EF 70-200mm F 2.8L IS USM
Canon EF 100mm F/2.8L Macro IS USM
TAMRON SP AF Di 90mm F 2.8 MACRO
Canon Compact-Macro Lens EF 50mm 1:2.5