★ ザリガニ さんに四苦八苦するダイサギ さん! ★2014-03-20(Thu)


今日は冷たい雨が一日降っていました~
明日は北の方で大荒れのお天気だそうです。
くれぐれもお気をつけ下さいね。

今回は ダイサギ(大鷺)のおもしろ画像をお届けしますね。
いわゆる ”シラサギ” と呼ばれ 日本ではアオサギと並ぶ最大級のサギで 関東地方から九州までの各地で繁殖します。首が不釣り合いに長いのが特徴です。
よく似たチュウサギとの区別は ダイサギはクチバシが長く 眼下にある口角の切れ込みが眼より後ろまで食い込むことで容易に判別できます。
水の中をゆっくり歩いて主に魚類を採食しますが 両生類 甲殻類 小形哺乳類なども食べます。
この時は オタマジャクシやアメリカザリガニがいました。
ザリガニを捕まえては食べようとするのですが 上手く呑み込めないようで四苦八苦していました。
幾人かのギャラリーの視線には目もくれずに一生懸命でした。
目の前で繰り広げられたドラマに おかしくもありまた感動しました。
とても近かったので 言及した画像以外はノートリミングです。
 


1.
hnb-7097.jpg

ダイサギ(大鷺)は 世界の熱帯 温帯に広く繁殖分布し 河川 湖沼 干潟などに生息する
サギ科 アオサギ属に分類される鳥。雌雄同色。

体長 80-90cm。嘴峰 109-138mm。翼長 400-465mm。尾長 140-185mm。ふ蹠 148-215mm。
時期 夏鳥 漂鳥 一部冬鳥。繁殖期 4-9月。全身の羽毛 白色。採食 魚類 両生類 甲殻類 小形哺乳類。

陽のあたる明るい池の中を 悠々と闊歩しています。
透けたクチバシがきれい!

2.
hnb-7102.jpg

夏羽 嘴は黒く 眼先は青緑色。肩羽の一部が長く伸びる飾り羽があり 背から尾羽を覆って美しいです。
冬羽 嘴は黄色く 眼先の青緑色や飾り羽は見られません。

今度はあまり陽のあたらない池で 餌探し!
水鏡に映ったおのれの姿を認識しているのでしょうかね?

3.
hnb-7100.jpg

そのまなざしは真剣そのもの!

4.
hnb-7101.jpg

狙いをつけて!

5.


パシャ!
どうやら大物はゲットできなかったようです。
オタマジャクシでも食べたかな?

オンマウスしてね!

6.


おっと! アメリカザリガニをゲットした模様!
早速呑み込もうとするのですが・・・
ザリガニ さんも必死なのでしょう! 暴れまくっています。

オンマウスしてね!

7.
hnb-7106.jpg

あれ! 落としちゃったみたいです。
茫然としていますね。

8.
hnb-7107.jpg

気を取り直して 水の中に落としたザリガニ さんを銜えました。
周囲には水しぶきが!

9.


クチバシの中であちこち転がしているのですが どうやってもうまく呑み込めないようです~
はさみを何とかしなくっちゃいけないと思うのですが・・・

オンマウスしてね!

10.


画像を大きく拡大してたのが マウスオン後です。
ザリガニ さんの哀れな目が印象的です。
これも生きるためには仕方のないことなんでしょうね。

オンマウスしてね!

11.


”おいら 食べられちゃうの~?”
見ているこちらは ザリガニ さん なんとか逃げろ! と言う思いと ダイサギ さん ガンバレ!
と複雑な胸中でした。

オンマウスしてね!

12.
hnb-7111.jpg

考えあぐねている様子です~

13.


おっと! 今度はうまく呑み込めたかな?

オンマウスしてね!

14.
hnb-7114.jpg

喉の入り口まで入りましたね~

15.
hnb-7115.jpg

と思ったら・・・
また 吐き出してしまいました~
この後 池から上がって陸地に行くのですが この続きは またのお楽しみにしますね。

ダイサギ(Ardea alba Linnaeus, 1758)サギ科 アオサギ属


おまけ! 今日のぶんちゃん ”ちゃむい時は 暖かいのが一番でちゅ!” の 巻 '04.03.20


1.
bunchan-3116.jpg

この日も寒かったので ガスファンヒーターの前で。

2.
bunchan-3115.jpg

ぶん: ”ぬくぬく あったかいでちゅね~!”


いつも応援クリックをありがとう! 今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


☆ 彼岸なのに 風は冷たいです~! もよろしく! 







Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(16) | Trackback(0) | 野鳥-ダイサギ

Comment

こんにちは

近くの川では、コサギはよく見ますが、チュウサギ・ダイサギは
滅多に見かけませんので、ダイサギのお食事光景はとっても珍しく
興味津々見させていただきました。弄ばれているような形になった
ザリガニさんには気の毒ですが…
せっかく捕まえた獲物が硬い殻にハサミも持っているザリガニでは、
大きなダイサギでも苦労するんですね。
もしかして、このダイサギにとって初ザリガニだったのかも??
最後、放り出して諦めたのか、工夫して食べたのか、結末は持ち越しですね。
気になります~~笑
 
ワンコもニャンコも、ちゃんとファンヒーターの温風にあたるのが
面白いですよね。ぶんちゃん満足そう。
クックもよくあたっていて、ホットドッグになるよ~って言ってました。

2014-03-21 10:56 | URL | ポージィ [ 編集]

一つの物語ですね。どちらも生きるために必死の様子がうかがえます。なんだか目の前で展開してるようでとても楽しく拝見しました。続きが待ち遠しいです。
ブんちゃんぬくぬくでいい気持ちそうですね。
今日はひんやりなので我が家のワンも潜っています。

2014-03-21 16:49 | URL | カピラ 小坂 [ 編集]

☆ ポージィ さん こんにちは!


1番にお越しいただきありがとうございます。

何度かここへは来ているのですが ダイサギを見たのは 今年が初めてです。コサギもいました~
実は このちょっと前にも同じ個体が 別の池でやはりザリガニを採って 食べていました~
体が大きいので たくさん要るのでしょうかね?
その時も池の中に入ったり陸に上がったりの繰り返し・・・
上手とは言えない食べ方でした。
普通は はさみを外して食べるのにね。
慣れていないのでしょうかね。

続き またご覧くださいね。

そうなんですが~ もんは ヒーターをつけてもその前に陣取るということはしないのです~
怖いのだと思います。
なんだかあったかいけど怖い!
見ていると面白いです~

あはは~ ホットドッグね~ 笑

ありがとうございました。

2014-03-21 17:34 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ カピラ 小坂 さん こんにちは!


そうなんですよね~
生きるためには 仕方のないことなのかもしれません。
楽しんでいただきまして うれしいです。
続きは期待はずれだったりして・・・

暖かなのですが 風は冷たいですね。
もんも暖かいところを求めて徘徊しています~~

こちらにもありがとうございました。

2014-03-21 17:37 | URL | fairy ring [ 編集]

シラサギはダイサギともいうのですね。
良く見かける鳥なので
興味シンシンで見せていただきました~
ザリガニを落した時の目が 気落ちした様子で
可哀想とおもっていたら・・・再度捕獲は必死なんですね。

つづくのですね 待ってま~す。

まりもファンヒーターの前にいて 
触ると熱かったです うちもホットドックと言ってました
(笑

2014-03-21 18:46 | URL | haniwa [ 編集]

アオサギやコサギって町中に近いところで逞しく生きていますよね!
しかしザリガニもしぶとく凶暴ですから飲み込むのは簡単じゃなさそうです。
ザゼンソウとオニシバリとはずいぶん珍しいものをゲットしたんですねぇ。
オニシバリってたしかに沈丁花に似ているような。

2014-03-21 19:30 | URL | びーぐる [ 編集]

☆ haniwa  さん こんばんは!


シラサギと言うサギは 存在しなく 日本ではコサギ チュウサギ ダイサギなどの白いサギのことを言っているようです。
シラサギ=ダイサギではありません。
よくお見かけになられるのですか~ うらやましいです。
ザリガニと格闘して 何度か水にぽっちゃんとおとしていました~ 笑
そうなんですよね。がっかりしたような・・・
こうやって何度も呑みこもうとしたのですが 駄目だったようです。
続き ご期待に添えるかどうか? ですが 是非またお立ち寄りくださいね。

あはは~ やっぱりホットドッグですか~

ありがとうございました。

2014-03-21 21:55 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ びーぐる さん こんばんは!


そうですね~
近所ではほとんど見かけませんが 水場のある公園などに行くと 都内でも逞しく生きていますね。
そうなんです~ 何度も何度も呑みこみ直していました。

オニシバリは以前にも何回か見ています。
ザゼンソウは たぶん植えられたものだと思います。

ジンチョウゲの仲間ですから お花はそっくりですね。

ありがとうございました。

2014-03-21 21:58 | URL | fairy ring [ 編集]

まさに生死をかけた戦いですね
これもまた自然な姿ですね
私たちも色々な命をいただいて命をつないでいますから・・・
感謝の心を忘れてはなりませんね

2014-03-21 23:04 | URL | しーたけ [ 編集]

ダイサギとザリガニ!!
まさに命の駆け引き!
ザリガニの甲羅?が硬くて滑るのでしょうかね。
飲み込んでチョキチョキされたら痛そうです。(笑)

2014-03-22 19:26 | URL | ふん転菓子 [ 編集]

fairy ringさん

ダイサギと遊びましたね。
海老の活き造りですから食べこぼしはもったいないですからねえ。完結編を期待してます。

オニシバリ、よく見るとなるほどジンチョウゲですねえ。

2014-03-23 10:49 | URL | kazebyu [ 編集]

☆ しーたけ さん おはようございます!


レスが遅くなってしまって申し訳ございません。

そうなんです~ 弱肉強食の世界なんでしょうかね~
命を繋ぐためには仕方のないことなのでしょうが。
そうですね。
人間もいろんなものから命をいただくことによって生かされていますよね。
感謝ですね。

こちらにもありがとうございました。

2014-03-23 11:00 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ ふん転菓子 さん おはようございます!


そうなんですよね~
命の駆け引き! ザリガニ さんには歩がないようですけどね~

クチバシの中で上下に転がすのですが つるつるしているので 滑ってしまうのでしょうね。
そうなんです~ 普通ははさみをカットしてから食べると思っていたのですが 喉の奥でチョッキンされたら痛そうです。

ありがとうございました。

2014-03-23 11:06 | URL | fairy ring [ 編集]

☆  kazebyu さん おはようございます!


はい! 遊んでみました~

おっしゃるように活け造りの踊り食いですね~
体も大きいので たくさん食べないといけないでしょうから・・・
この前にも1尾 食べていましたからね。

そうなんです~ 淡黄色のジンチョウゲですよね。
前の記事もご覧いただきまして うれしいです。

ありがとうございました。

2014-03-23 11:10 | URL | fairy ring [ 編集]

こんばんは。
シラサギさん大苦戦だったようですね。やはりザリガニは
殻が硬いのでしょうね。胃袋の中でも暴れていたでしょう
ね!

2014-03-24 20:07 | URL | シゲ [ 編集]

☆ シゲ さん こんばんは!


そうなんです~

食べられる方も食べる方も必死の闘いだったようです。
殻はかたくてつるつるすべるのでしょうね。
はさみを取った様子もないので はさまれていたりして・・・笑

ありがとうございました。

2014-03-24 23:11 | URL | fairy ring [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/tb.php/748-5be85def

Recent Comments

 

Recent Entries

 

Rccent Track Backs

 

Archives

 

Categories

Search in this blog

↑ クリックしていただけると嬉しいです。

Links

Access Counter

Profile

fairy ring

Author:fairy ring
今 この地球上で生きている森の妖精たちの宴と
白い妖精 日本テリアとの暮らし。
・ ぶん(♀)9歳 もん(♂)7歳 

・ ブログ内の記事 画像などの無断転写 転載は
お断りいたします。
・ ブログの趣旨に合わないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。
・ 使用カメラ
Canon EOS 5D
Canon EOS 7D
Canon EOS Kiss X3
OLYMPUS PEN E-P1
Canon EOS 5D Mark Ⅲ
Canon EOS 7D Mark Ⅱ(G)
Canon EOS kiss Digital X
・ 使用レンズ
Canon FD 24mm 1:1.4 L
Canon FD 50mm 1:1.2 L
Canon EXTENER EF 1.4xⅡ
Canon FD 400mm 1:4.5 S.S.C
Canon EF 24-70mm F 2.8L USM
Canon EF 16-35mm F 4L IS USM
Canon EF 400mm F2.8L IS II USM
Canon EF 70-200mm F 2.8L IS USM
Canon EF 100mm F/2.8L Macro IS USM
TAMRON SP AF Di 90mm F 2.8 MACRO
Canon Compact-Macro Lens EF 50mm 1:2.5