★ オニバスに迫ってみました~! ★2012-09-13(Thu)


お約束通り オニバス(鬼蓮)です。
名前の由来は 植物全体に大きなトゲが生えていることから来ています。
特に 葉の表裏に生えるトゲは硬く鋭いです。
アジア東部とインドとに見られ 日本では 環境の悪化や埋め立てなどで 全国的に自生地の消滅が相次ぎ 絶滅が危惧されています。
現在全国で 70ヶ所 程度しか 生息が確認されない希少な植物。絶滅危惧 1A 類。

たくさん撮って来ましたので 画像も多いです。

過去とつい最近のオニバスの記事も 併せてご覧くださいね。

オニバス '08
オニバスとホテイアオイとを見て来たよ~!



1.


オニバス(鬼蓮)は アジア原産のスイレン科 オニバス属の 1年生の水生植物。オニバス属は 世界に1属1種。

花期 8-9月。花径 4cm。花色 濃紫色。葉径 直径 30-200cm。種子径(球形) 6-12mm。

オンマウスしてね!

2.


花茎を水面まで伸ばし 濃紫色の花を1個 付けます。

オンマウスしてね!

3.


いかめしい装備に囲まれてはいますが この古代紫の色がとても上品です。
萼にも トゲがビッシリ付いていますね~

オンマウスしてね!

4.


オニバスの花には 子房が大きいものと小さいものと 2種類 があります。
子房の大きい花は閉鎖花で すでに蕾のうちに水中で自家受粉を済ませてあるので 種子が詰まっています。
花を咲かせることもありますが 葯は枯れています。
子房の小さい花は開放花で 種子は少ないか未熟な種子を持ち 水面で開花します。
中心部には開放花が現れます。

オンマウスしてね!

5.


花は水中での閉鎖花が多く 自家受粉で 100個 程度の種子をつくるそうです。
閉鎖花の方が圧倒的に多く オニバスの種子は 閉鎖花による方が多いとのことです。

オンマウスしてね!

6.


真上から見てみました~
葉を突き破っていたり 水中だったり。

オンマウスしてね!

7.
hnb-2364.jpg

葉の大きさに比べると 花は小さ目ですね。

8.


クリークの方では 田んぼに比べて水深が深くなっています。
水鏡に映った 花がとても美しいです。

オンマウスしてね!

9.


こちらは田んぼに咲いていたオニバスです。
出て来たばかりの葉っぱは 丸いお椀のようです~~

オンマウスしてね!

10.


葉が水面を覆っている場所では 葉を突き破らなければ 花は空中へ出ることができません。
葉の表面は堅そうに見えますが 突き刺すと簡単に穴が開く脆さがあります。
葉の下から伸び上がる若い葉や 花梗の尖った先端を通すためです。

オンマウスしてね!

11.


まさにエイリアンですね~

オンマウスしてね!

12.


葉は ↑のように 丸く縮んだ状態で水面に現れ 2-3日 かけて徐々に展開します。
若い葉では 皺は深くくしゃくしゃで 成長するにしたがって皺が伸びて行きます。
ハート型が面白いでしょ!

オンマウスしてね!

13.


葉柄は葉の中心に付き 葉脈はそこから放射状に大小に複雑な網目分岐してます。
基部では 葉脈の高さは 5cm ほどあります。
葉の浮力は強く かなりの力で押しても沈みません。
そのわけは 葉裏の葉脈で密に覆われ 空洞を持ち 浮き袋の役目をしているからです。
その上 葉脈の隙間に空気を貯められる構造になっています。
ですが 葉と水面が離れているので 風には弱くひっくり返ります。これもそうなんでしょうね。
葉の裏は 濃い紫色(アントシアン系の色)。

オンマウスしてね!

14.


花の咲く時期には 一株に 7-10枚 の葉があります。
葉の裏側や葉柄には 鋭いトゲがあります。
花の周囲に見られる ぷかぷか浮いている赤く丸いのが種子です。
オモダカの花も一緒に咲いていました~

オンマウスしてね!

15.


葉の表と裏にある多数の鋭いトゲは 葉の周辺部に向かっていて 外からの侵入を防ぐかたちになっています。
これだけ厳重に装備されていると 何から身を守っているのか不思議です。

オンマウスしてね!

16.


オニバス(Euryale ferox Salisb.)スイレン科 オニバス属


たくさんご覧いただきまして ありがとうございます。


おまけ! 今日のぶんちゃん ”写楽の洋服を着てポージング!” の 巻 '07.09.13


1.


新しいお洋服を着て 早速モデル さんぶりを!

オンマウスしてね!

2.
bunchan-1344.jpg

直座りは絶対にしないお姫様なので(--;) 持ち合わせていたバッグを敷いて。

3.


キョロ! キョロ!

オンマウスしてね!

4.
bunchan-1347.jpg

背中に写楽モドキを背負って。^^;


いつもありがとう! クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


☆ オニバスとホテイアオイとを見て来たよ~! もよろしく! 






Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:季節の花たち

Comments(20) | Trackback(0) | 植物-スイレン科

Comment

全国で70ヶ所しかないのですか。そんな珍しいオニバスを堪能させていただきました。それなりにめいしょなんでしょうか?なんだか見物に来てる人達がいますね。実物もいいでしょうがこうして細部にわたり説明と写真を見れる私たちは幸せです。葉っぱが成長する前のが面白いですね。花が葉を突き破って出てくるのもすごいです。たくさんありがとうございました。ちなみにどこですか?
ブんちゃん カッコイイです!

2012-09-13 21:19 | URL | capira [ 編集]

こんばんは

見れば見るほど不思議な姿や生態。面白いですね。
昔々はもっとあちこちにあったのでしょうか。もし水辺のあちこちにあったら、
日本の風景が今とはもう少し違ったものになっていたかもしれませんね。
ガクにまである鋭いトゲに驚かされますが、そういえば、日本原産の
バラたちにもやたらと鋭いトゲを持つものが幾つもあったと今思い出しました。
大きな動物などを近寄らせない食べられないためでしょうかね~
水面上で花開いた花。真ん中に光を溜めているみたいな色合いですね。
楽しませていただきました。
 
ぶんちゃんのお洋服、胸元と袖口に和の生地が? お洒落ですね~
ぶんちゃん前向きも後ろ向きもばっちりですね。
 

2012-09-13 21:28 | URL | ポージィ [ 編集]

こんばんは~、オニバスの花の色って、とっても魅惑的で綺麗です~。
其々のお写真、綺麗でしたが6枚めがとっても綺麗な色合いでオンマウスをしたら花の芯に引きこまれてしまうような錯覚でしたよ。
オニバスの花って名前と正反対で可愛い小さめの花なのですね。
ホテイアオイは淡い色合いで、こちらも綺麗にとれていますね。
一度行った場所へ行くと、ぶんちゃんとの思い出が蘇られたのですね。

2012-09-13 22:25 | URL | EMA [ 編集]

☆ capira さん こんばんは!


こちらにも1番でお越しいただきまして ありがとうございます。

昔は300か所くらいはあったようですが 何しろトゲが多いので 農家での嫌われ者だったのと 気象条件や環境で 消滅したりするようです。
関東では ここ 埼玉県の北川辺町が 有名です。
都内では 水元公園にもあるのですが・・・あとは群馬とか茨城にもあるようですが 我が家からは遠くって。
私たちが着いた頃には どなたもいらっしゃらなかったのですが 午後からは 三々五々 見学や写真を撮るお方がいらっしゃいました。本当は午前中に花は閉じてしまうようなのですが・・・
市で保護しているようで 今年は随分と咲いていました。
1年草なので 来年はどうなるか???
葉っぱを突き破るのすごいですね~
葉っぱも面白いです。大きなのは267㎝もあるのが記録にあるそうです。
これだったら ぶんたちも乗れそうですよね。笑
でもトゲがすごくって・・・

ぶんのこと ありがとうございます。

2012-09-13 22:41 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ ポージィ さん こんばんは!


ね~ とっても不思議な風情ですよね。
それが 日本の田んぼに咲いているというのも。
昔は 300か所くらいあったようですよ。
でもトゲだらけなので 農家の方々に嫌われたようで。
食用にもなるようです。

日本には これを食べるような大型の哺乳類はいないでしょうね~~
水の中に生えているし・・・
トゲトゲはすごいし。
しべが明るいので ランプのようですよね。

たくさんご覧いただきまして ありがとうございます。

そうなんです~ 和風テイストなんですよ。
ありがとうございます。

コメントもありがとうございます。

2012-09-13 22:46 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ EMA さん こんばんは!


そうなんです~
とっても上品な古代紫です。
葉っぱの割に花は小さめです。

6枚目 ありがとうございます。
向こうの記事もご覧いただきまして うれしいです。
これから ホテイアオイの記事も近々にアップするつもりですので よかったら またご覧いただけるとうれしいです。
そうなんです~
どこへ行ってもぶんのこと思いだしてしまいます。

コメントをありがとうございます。

2012-09-13 22:50 | URL | fairy ring [ 編集]

すごい・・・!!

わが近くの、水元公園にも有るようです。
    ゴツイ
        ☆ 短コメで いやよと言わず また寄るね

2012-09-14 07:08 | URL | 縄文人 [ 編集]

きれいですね。
名前からは想像できない姿です。
ほんとにこのとげとげは何から身を守っているんでしょうね。
P☆

2012-09-14 09:49 | URL | hisamichi [ 編集]

☆ 縄文人 さん おはようございます!


はい! 水元公園にもありますよ~

一言でごつい! ですよね。笑

短コメ 何でもいいですよ~

コメントをありがとうございます。

2012-09-14 09:53 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ hisamichi さん おはようございます!


はい! 花はとても美しいのですが 何しろ重装備です~~

おっしゃるように何から身を守っているのでしょうね。
素手では とても触る気になれません。

コメントとクリックとをありがとうございます。

2012-09-14 09:55 | URL | fairy ring [ 編集]

あ~~ほんと、昨日お邪魔しませんでした^^

お花が魅力的な色ですね。 
前に行ったときには花が遠くて良く見えなかったんですが
こちらで 見ることが出来て満足で~す。
行ってきた気分(笑

ぶんちゃん オシャレな写楽 
リードも同色で決まってますね(^^♪

2012-09-14 20:43 | URL | haniwa [ 編集]

オニバス 不思議な植物ですね
トゲトゲがすごい!!
葉っぱも シワシワなのにハート型だったり・・・
お花は 神秘的な紫色
どこをとっても 不思議ちゃんだ〜

ぶんちゃん オレンジがよく似合ってます
カラーとリードも揃えて コーディネートバッチリですね

2012-09-14 21:29 | URL | ぶーたんママ [ 編集]

あの不思議な形をした大きな葉っぱ
見るたびに不思議なオーラを感じます。
生きるための
様々な知恵が、そこには凝縮されているのでしょうか。
深淵なるお花の、深い美しさも♪
ぶんちゃんの座っているのも、
もしかしたらオニバスの葉っぱ!?(≧∇≦)
p☆

2012-09-14 22:42 | URL | Sippo☆ [ 編集]

こんばんは~
お知らせくださってありがとうございます。
オニバスの花はなんともいい感じの紫色をしていますね。
水鏡に映った花が素敵です。
葉っぱを突き破って表れてくるなんて、なんて力強い生命力なんでしょう。
いい状態でご覧になることが出来たんですね。
どんな環境に咲いてるかも、よく分かりました。

今日のぶんちゃん、ファッショナブルですね(*^。^*)

2012-09-15 00:13 | URL | fumifumi [ 編集]

☆ haniwa さん こんばんは!


わざわざ ありがとうございます。

全体はごついのですが お花の色が魅力的な植物ですね~
そうでしたか~
田んぼの方は割と近くで見ることができます。
行かれた気分になってくださいね。
何しろ ここは太陽を遮るものが何もないので すごく暑いですから 出かけるには覚悟が要ります。

はい! リードもカラーもお揃いです~
白いから 何でも似合うんです~笑

コメントをありがとうございます。

2012-09-15 01:51 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ ぶーたんママ さん こんばんは!


はい!とっても不思議な植物だと思います。
こんなのが 田んぼのなかに咲いていることも不思議ですが・・・

葉っぱは ワンコが乗れるくらい大きいですしね~
本葉は 皺皺でトゲトゲ!
本当に不思議がいっぱいです。

そうなんです^ オレンジで統一してみました~

コメントをありがとうございます。

2012-09-15 01:55 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ Sippo☆ さん こんばんは!


そうですね~
本当に命のオーラを感じずにはいられませんよね。
何かから身を守るために このように進化したのだとおもいますが 日本では考えられないです~
食用にはなるようですが・・・
お花の色合いもとても神秘的ですものね。

あはは~ 実はそうなんですよ。^^;
ぶんは この葉っぱの上 乗れると思ったらしくって・・・
それで 代わりに葉っぱ色のバッグ???

コメントとクリックとをありがとうございます。

2012-09-15 01:59 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ fumifumi さん こんばんは!


早速にお越しいただきまして ありがとうございます。

このお花の古代紫 とても神秘的な色で美しいと思います。
全体を見ると トゲトゲなんですが~~
緑の葉っぱとの対比が美しいです。
水鏡 ありがとうございます。

そうなんです~ 葉っぱを突き破るなんて すごいと思います。
はい! とてもいい状態だったようです。
保護のおかげか 毎年増えてきたような・・・
ね~ 田んぼのど真ん中でしょ! 笑

ファッショナブルですか~ うれしいです。

コメントをありがとうございます。

2012-09-15 02:03 | URL | fairy ring [ 編集]

ほんとに地球外生物ですね。
この花のようなエイリアンいましたね。
葉にまでトゲがあってすごいですね。
いったい何を敵と想定しての棘なんでしょうね。
閉鎖花で繁殖するので、
他の生物すべてに近付いてほしくないんですね。

2012-09-15 17:18 | URL | 和さん [ 編集]

☆ 和さん さん こんばんは!


そうなんですよね~
まさにエイリアンのようです。

こんなトゲトゲの植物を食そうと思う天敵がいるんでしょうかね? 人間は食用にすることもあったようですが・・・
それにしても重装備です。

コメントをありがとうございます。

2012-09-15 19:57 | URL | fairy ring [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/tb.php/523-74366436

Recent Comments

 

Recent Entries

 

Rccent Track Backs

 

Archives

 

Categories

Search in this blog

↑ クリックしていただけると嬉しいです。

Links

Access Counter

Profile

fairy ring

Author:fairy ring
今 この地球上で生きている森の妖精たちの宴と
白い妖精 日本テリアとの暮らし。
・ ぶん(♀)9歳 もん(♂)7歳 

・ ブログ内の記事 画像などの無断転写 転載は
お断りいたします。
・ ブログの趣旨に合わないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。
・ 使用カメラ
Canon EOS 5D
Canon EOS 7D
Canon EOS Kiss X3
OLYMPUS PEN E-P1
Canon EOS 5D Mark Ⅲ
Canon EOS 7D Mark Ⅱ(G)
Canon EOS kiss Digital X
・ 使用レンズ
Canon FD 24mm 1:1.4 L
Canon FD 50mm 1:1.2 L
Canon EXTENER EF 1.4xⅡ
Canon FD 400mm 1:4.5 S.S.C
Canon EF 24-70mm F 2.8L USM
Canon EF 16-35mm F 4L IS USM
Canon EF 400mm F2.8L IS II USM
Canon EF 70-200mm F 2.8L IS USM
Canon EF 100mm F/2.8L Macro IS USM
TAMRON SP AF Di 90mm F 2.8 MACRO
Canon Compact-Macro Lens EF 50mm 1:2.5