エキゾティックなシュロに魅せられて!2010-12-09(Thu)


今 まさに鳥さんたちにとって食欲をそそる食卓があちこちにあって嬉しい季節となりました。
やっぱり目立つのは 赤い色をした果実!
でも 何故か赤い果実よりも 黒や青 白の果実から食するようです。
赤い果実には有毒植物が多いので あまり美味しくないのかもしれません。
真冬になっていよいよ食べるものが少なくなると 赤い実に口をつけるように思います。
寒さで果実が甘味を増したり 毒が抜けることを知っているのでしょう。

今日の観察は 青い果実をつけるシュロ!
いかにもエキゾティックな植物ですが 庭園などでは多く見かけられます。
今 ヒートアイランド現象のせいで 増えているようです。
シュロにはいくつか種類があります。
一般的なのはワジュロとも言われるシュロとトウジュロ。
その雑種にアイジュロというのもあるようです。

ワジュロ(和棕櫚)に良く似たトウジュロ(唐棕櫚)は中国原産で 日本でも広く栽培されています。
葉はシュロより小型で 葉の裂片は折れて垂れ下がることが無いのでシュロと区別ができます。
シュロは 葉柄が長く 葉もやや大きくて 古くなると裂片が折れ曲がります。

幹には枯死した葉鞘の繊維が残って幹を取り巻いています。(シュロ皮)。
これには耐水性があるので縄やマット 箒などをつくります。
さらに古くなると その繊維も脱落して なめらかな木肌が露出して葉跡が残り それが節のように見えます。

シュロの花は花蜜は出ないので 花粉食の昆虫が花粉媒介に一役買っています。
また 種子はヒヨドリなどの鳥によって散布されます。

長い観察日記なので 画像がたくさんです~!



1.


シュロ(棕櫚 棕梠 椶櫚)は 中華人民共和国~ミャンマー北部まで分布し 
日本では九州地方南部に自生するヤシ科 シュロ属の常緑高木。雌雄異株。
別名 ワジュロ(和棕櫚) スロノキ。

樹高 3-10m。花期 4-6月。果期 11-12月。花序 40-50cm。花色 淡黄色。果実色 黒。
果実長 10-12mm。幅 6-9mm。  '07.03.31/'07.03.31

オンマウスしてね!

2.


葉(70-80cm)は 幹の頂部に 20-30枚 が集まって 扇状に葉柄を広げて 熊手のような葉をつけます。
長い柄の基部は大きな葉鞘になって幹を抱きます。 '07.04.05/'09.04.18

オンマウスしてね!

3.
nb-5878.jpg

葉腋から大型の肉穂花序を出して 黄色い粒状の集合花を咲かせます。
雄株には雄花だけをつけ 雌株には雌花だけをつける株 両方をつける株とがあります。 '07.04.22

4.


雄株花序は円錐形で 球形の雄花のみを密集してつけます。
雌株花序は大きく枝分かれして 雌花と両性花とをつけます。  '07.04.22/'07.04.22

オンマウスしてね!

5.
nb-5877.jpg

小さな花が無数に集まって 大きな花序を形成している姿は圧巻ですね~ '07.04.22

6.


上に伸びて行く花序と下垂する花序とがありますね。
この樹は秋に果実が成るので 雌株です。 '07.04.30

オンマウスしてね!

7.


高いところに咲いているので これ以上は大きく撮れません。  '09.04.08/'09.04.08

オンマウスしてね!

8.


トリミングしてみましたが わかりにくいですね。--; '09.04.18/'09.04.05

オンマウスしてね!

9.
nb-5861.jpg

秋になって 雌株にはたくさんの果実ができます。 '09.10.20

10.


雌株は熟すと白粉をかぶった黒藍色のいびつな型をしたしょう果をつけます。 '09.10.20/'09.10.20

オンマウスしてね!

11.


みごとなまでの果実! 
粉を吹いた青い果実と花柄のからし色に魅せられて 絵を描いたことがありました。 '06.10.09/'07.10.30

オンマウスしてね!

12.


太陽がのぞいてきらきら~ '06.10.10/'06.10.10

オンマウスしてね!

13.


さらに濃い色に色づいて。
今年はすでに鳥さんに食べられてしまっていました。 '09.12.14/'09.12.14

オンマウスしてね!

14.


真っ黒になってきました。 '09.12.25/'09.12.25

オンマウスしてね!

15.


この年は 翌年まで果実が残っていたのですけどね~
ヒヨドリが一生懸命に食べていました。 '08.02.09/'08.02.09

オンマウスしてね!

16.
nb-5858.jpg

美味しいのでしょうね~ '08.02.09

17.
nb-5860.jpg

すっかり食べつくされてしまいました~ 
今年はすでにこの状態です。 '08.02.14

18.
nb-5882.jpg

'06.12.01

シュロ(Trachycarpus fortunei (Hook.) H.Wendl.)ヤシ科 シュロ属

たくさんご覧いただきまして ありがとうございました。


いつも応援をありがとうございます。
この記事を気に入っていただけたら クリックしてくださいね。

にほんブログ村 写真ブログ マクロ撮影へ
にほんブログ村

☆ ハナミズキの赤い果実! もよろしく!



Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:秋の彩り

Comments(28) | Trackback(0) | 植物-ヤシ科

Comment

すごい!
見事な果実でした~
あんなにたくさんなってたのに
鳥さんがほとんど食べちゃうんですね。
おいしいんだろうな。

2010-12-09 20:00 | URL | ぶーたんママ [ 編集]

こんばんは!
シュロって葉にばかり目が行って、
お花や実は見たことがありませんでした。
こんなにダイナミックな・・・なんだか、
たらこみたいなお花ですね!
そして実もこんなにたくさん・・!!
鳥さんたちにとっては、大きなご馳走ですね!
赤い実って毒があることが多いのですか。
鳥さんたちも、賢いですね。
12枚目、光を受けて、圧巻の光景ですね!
実を食べつくされた17枚目も、なかなかの風情ですね。
シュロ完食・・・♪幸せな木だなあ。
前ポチ☆

2010-12-09 20:07 | URL | Sippo☆ [ 編集]

ほんとすごい!
これって前も見せていただきましたよね。
なんつっても何回見ても前のを忘れて同じ所で同じように感激するこのあたし。
何回見てもびっくりものです。こんなになってるんだ~って
シュロは良く見ますが、実がこんなになってるなんて。
美味しいってどのくらい美味しいんでしょうかね。

2010-12-09 20:16 | URL | きらり [ 編集]

やっと日の目を見て

トップ、すごい迫力ですねぇ。
3,7,8もすごい。
15,16、ヒヨちゃん、抜け目なく来てますねぇ。
雄株と雌株があるのですか。知りませんでした。
ずいぶん長いこと温めておられたのですね。
ようやく日の目を見て、よかったです。

2010-12-09 21:26 | URL | asitano_kaze [ 編集]

シュロの木をこんな風に見たのは初めてでした。
実がなってそれを鳥たちが食べにくるんですね。

長い間撮りだめられたものなんですね。
さすがですね。

2010-12-09 22:22 | URL | hisamichi [ 編集]

高いところに 花も実もあるので良く見えないんですよね、
先日行った花屋さんにシュロの実があり、
なんの実ですか?と聞いてしまいました。
とっても素敵でした~
fairy ring さんはさすが目の付けどころ 違いますね~

2010-12-09 22:24 | URL | haniwa [ 編集]

☆ ぶーたんママ さん こんばんは!


1番にお越しいただきましてありがとうございます。

ものすごい数の果実でしょ!
鳥さんが食べるか下に落ちてしまうか・・・
ほとんどは鳥さんの胃袋でしょうね。

食べたことはないけど きっと美味しいのでしょうね。

2010-12-09 23:49 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ Sippo☆  さん こんばんは!


応援をありがとうございます。

そうですね~ あの独特の葉っぱには惹きつけられますね。
お花 とてもダイナミックで迫力満点でしょ!
あはは~! たらこね~ そういわれてみれば・・・
たくさんの果実ができるので 鳥さんたちにとってはこの上ないご馳走になるのでしょうね。
赤い果実は 美味しくないようです~
ピラカンサスもヒヨドリジョウゴも有毒です。

12枚目 ありがとうございます。
あんなにあった果実 きれいになくなっちゃうのですからね~
花のついていた花柄 とても美しいです。
完食されると樹も嬉しいでしょうね。
それだけ 種子散布の機会が増えるわけですから。

2010-12-09 23:54 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ きらり  さん こんばんは!


よく覚えていらっしゃいますね~
青い実ふたつ と言うタイトルでもう一つのブログに12番を載せたことがあります~!

何回見ても新鮮! と言うのがいいんです~~!
シュロの果実はとても美しい色合いなので 魅力ですよ。
どのくらい美味しいかって聞かれても食べたことがないのでお答えできないです~^^;
ヒヨドリ さんにでも聞いてみてください。

2010-12-09 23:59 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ asitano_kaze さん こんばんは!


あは! そうですね~ やっと日の目を見ましたね。
そういうのたくさんあります。笑
この中の 2枚 ほどは以前にもアップしたことあるのです。
トップ ありがとうございます。
下から見上げることになって asitano_kaze さんのお嫌いな空抜けになってしまいますが・・・
3 7 8もありがとうございます。
はい! 過去にヒヨドリだけでアップしようと考えたこともあるのですが 止めておきました~笑

2010-12-10 00:03 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ hisamichi  さん こんばんは!


そばを通り抜けることが多いシュロの樹もこうやってあらためて見直して見るととても魅力的です。
たくさんの果実の色合いの美しいこと!
今度よく観察されてみてくださいね。

長い間 温存し過ぎて・・・笑

2010-12-10 00:06 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ haniwa さん こんばんは!


そうなんですよね~
見上げることになって 小さな花の構造を見るチャンスなんてほとんどありませんよね。

シュロの果実 とてもシックで素敵でしょ!
大好きなんです。絵にも描いたほどですから~
いつか スキャンしてアップできたらいいな~!

2010-12-10 00:09 | URL | fairy ring [ 編集]

棕櫚の花と実

これはとても背の高い大きそうなシュロですね。
母の実家に鉢植えにされた高さ2mくらいのシュロはありましたが、
これだけ大きく育ったシュロは見る機会がほとんどありません。
ましてや花や実は全然。珍しいものを見せていただきました。
でも… 細かい粒々がびっしりかたまった肉穂花序がのぉぉぉっと
出てくる姿はちょっと苦手かも(^^;) 
(細かいブツブツびっしりが苦手で。でもブロッコリーは食べらます。 変でしょ)
しかしこの大迫力には圧倒されますね。

そしてたっくさんの花のあとにはたっくさんの実。
ブドウのような色合いで美味しそうに見えます。
これは鳥さんたちにとっては嬉しい食料庫のような存在ですね。
一生懸命食べているヒヨちゃんが幸せそうな顔しているように見えます。


2010-12-10 10:20 | URL | ポージィ [ 編集]

☆ ポージィ さん こんにちは!


はい! 2箇所で撮影したのですが どちらもとても背が高い樹です。
あらま~ それはたいへんに失礼いたしました~
のっけから ぞっとするような画像なのに我慢をしてご覧いただき 申し訳ございません。
たらこ状態 苦手でいらっしゃるのですね。
苦手は人によっていろいろあるのが 興味深いところです。
迫力は満点ですが・・・

果実は大丈夫だったのですね。^^;
たくさんのご馳走を前にヒヨドリも喜んでいたのでしょうね。あっという間に食べつくされてしまいました。
ちゃんと食べ時を知っているのがすごいと思います。

2010-12-10 12:16 | URL | fairy ring [ 編集]

どなたかもおっしゃってましたが、シュロつて葉ばかりで実があんなになるとは知りませんでした。すごいほく力ですね。鳥さん達も食べるのに困らないでしょう、あちこちで見かけるのでこれからはじっくりと見ようと思いました。

2010-12-10 14:10 | URL | capira [ 編集]

☆ capira さん こんにちは!


そうですよね~
普通は葉を見ていますよね。
花が咲いている時季とか果実のなっている時季とかにはあまり気をつけてみないと思います。

はい! すごい迫力です。
たくさんの果実があるので 鳥さんたちも喜んでいると思います。
雄株には果実はならないと思います。

2010-12-10 15:58 | URL | fairy ring [ 編集]

以前は、南国の風景に憧れたのか、
何処の庭にもシュロや、ソテツがありましたね。
花は何となく見たような記憶ですが、
果実は気付きませんでした。
ヒヨが食べるんですか。
綺麗に食べつくして美味しいんでしょうね。

2010-12-10 22:42 | URL | 和さん [ 編集]

☆ 和さん さん こんばんは!


そうなんですか~ やっぱり南国に憧れた証なのですね。
最近は ヒートアイランド現象で自然に増えているとか・・・

お花 ご覧になられたことおありなんですね。
果実も花もすごいでしょ!
はい! ヒヨドリが毎年食べていますよ。
美味しいのだと思います。

2010-12-10 23:20 | URL | fairy ring [ 編集]

シュロって大きくてモジャモジャな感じでまるで関心がなく
花や実がつくとは知りませんでした。
しかし、花がつく過程も圧倒的な迫力であります!
博士の紹介がなければまるで通り過ごした世界でした。
ラストかな?・・・・

2010-12-11 07:44 | URL | びーぐる [ 編集]

こんにちは。
シュロの木を
こんなにしっかりと見たことがありませんでした。
自然が作り出す不思議な造形ですね。

2010-12-11 08:25 | URL | y_and_r_d [ 編集]

この植物は見た事がありましたが名前は知りませんでした。
私も1枚目の迫力あるお写真に圧倒されました。
観察したお写真、其々分りやすく良く撮れていますね。
ヒヨドリがこんなに可愛く見えたお写真はありませんででしたよ。
きっと大きな植物だからでしょうね。

2010-12-11 09:37 | URL | EMA [ 編集]

すばらしい!!

棕櫚のお花や実なんて初めて見ました!!
素晴らしいです!迫力というかなんというか・・圧巻ですね!
fairy ringさんのブログは、本当に長い時間かけて撮影を続けられて・・
いろんなことを教えて頂けるし、拝見していて本当に勉強になって楽しいです♪
棕櫚の実を小鳥さんが食べているところ・・
あんなふうに本当に食べに来るんですね!
ご近所でよく見かける棕櫚、また来年、よく見てみようと思いました^^

2010-12-11 10:45 | URL | mimosahappy [ 編集]

☆ びーぐる さん おはようございます!


こちらにもコメントをありがとうございます。

モジャモジャは仙人様のおひげです~~笑
植物ですもの~ 花も実もつくでしょう。
迫力満点ですよね~
スケールが大きいですから。
ラストではありませんでした~~!

2010-12-11 11:35 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ y_and_r_d  さん おはようございます!


シュロ こうやって見るとドラマがあって面白いです~
自然ってほんとうに面白いと思います。
その色合いや形 人間が真似のできるものではないですよね。

また ご訪問いただきましてありがとうございます。
これからもどんどん ご訪問いただけると嬉しいです。

2010-12-11 11:38 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ EMA  さん おはようございます!


時々 見かけることがありますよね。
大きくなるので ちょっと面倒ですが・・・

花の咲き方とてもダイナミックです~!
スケールの大きさを感じます。
あはは! そういわれてみれば ヒヨドリ 小さく見えますね。
すごい食欲でしたよ。

2010-12-11 11:45 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ mimosahappy  さん おはようございます!


ありがとうございます。

シュロは葉を鑑賞するために植栽されているのでしょうが 花も果実もダイナミックで見応え満点です。
拙いブログにそのように言っていただけて 嬉しいです。

はい! ヒヨドリ 何羽かが来ていました。
まだ 果実残っているかもしれませんよ。
今度 観察されてみてくださいね。

2010-12-11 11:48 | URL | fairy ring [ 編集]

fairy ringさん

シュロ物語をしっかり「読ませて」いただきました。
大体が高いところにあるのでしっかり見た記憶がなく、
このようなものを見せていただき満足です。

↓ヤツデ日記もさすがです。

刺激されていずれも撮りたくなりましたが、さて。

2010-12-11 16:42 | URL | kazebyu [ 編集]

☆ kazebyu さん こんにちは!


あは! 長い日記をしっかりとご覧いただきまして ありがとうございます。
おっしゃるように高いところに花があったりで なかなかそばに寄ることができませんね。

ヤツデもご覧いただきまして 恐縮です~

kazebyu さんのアップ楽しみにしていますね。

2010-12-11 17:41 | URL | fairy ring [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/tb.php/264-84666778

Recent Comments

 

Recent Entries

 

Rccent Track Backs

 

Archives

 

Categories

Search in this blog

↑ クリックしていただけると嬉しいです。

Links

Access Counter

Profile

fairy ring

Author:fairy ring
今 この地球上で生きている森の妖精たちの宴と
白い妖精 日本テリアとの暮らし。
・ ぶん(♀)9歳 もん(♂)7歳 

・ ブログ内の記事 画像などの無断転写 転載は
お断りいたします。
・ ブログの趣旨に合わないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。
・ 使用カメラ
Canon EOS 5D
Canon EOS 7D
Canon EOS Kiss X3
OLYMPUS PEN E-P1
Canon EOS 5D Mark Ⅲ
Canon EOS 7D Mark Ⅱ(G)
Canon EOS kiss Digital X
・ 使用レンズ
Canon FD 24mm 1:1.4 L
Canon FD 50mm 1:1.2 L
Canon EXTENER EF 1.4xⅡ
Canon FD 400mm 1:4.5 S.S.C
Canon EF 24-70mm F 2.8L USM
Canon EF 16-35mm F 4L IS USM
Canon EF 400mm F2.8L IS II USM
Canon EF 70-200mm F 2.8L IS USM
Canon EF 100mm F/2.8L Macro IS USM
TAMRON SP AF Di 90mm F 2.8 MACRO
Canon Compact-Macro Lens EF 50mm 1:2.5