何か変な?ハクセキレイを見ました~2010-12-01(Wed)


朝 もんを連れて散歩に出た公園で 足元からバサバサバサっと飛び立った鳥がいました。
見れば ハクセキレイ!
その時は 地面で何かを拾って食べているくらいにしか思いませんでした。
もんを家に置いてから カメラを持ってその公園に行ってみると そのハクセキレイはまだいました。
紅葉を撮るのを止めて 早速にハクセキレイにレンズを向けたのですが・・・なんだか様子が変です。
全く人を恐れる様子もなく どんどん私の方に向かって近づいてきます。
餌を求めてやってくるのかな? それにしても動きがぎこちなくおかしいのです。
怪我をしているのかな? と見れば・・・
なんと! 両足が前方に突き出しているのです。
縛られたようになっていて 正常に歩くことができないようです。
つまり胴体着陸をしているのです。
黒い糸のようなものが見えます。足も膨れているような・・・奇形なんでしょうか・・・

カメラを家に置いて三度 公園に出向きました。
初めはどこにも見当たらずに 無事に飛び立ったのかと思いましたが・・・いました~!
このままではネコかカラスに襲われてしまうので 保護して獣医さんに連れて行かなくっちゃ! と捕らえようと試みるのですが 急いで飛んで来たので頭が回らず 網も布も持ちあわせていません。
公園にいた親子連れとともに捕まえようとしても相手は鳥! 飛翔能力はあるようです。
とても捕まえることができないでいるうちに 高く飛んでどこかへ逃げていってしまいました~
何かを訴えかけているような瞳を見ても 結局 私にはどうすることもできませんでした。
餌もちゃんと獲っていたので 野生の逞しさは持ち合わせているようです。
この先も無事であることを願って 公園を後にしました。



1.


ハクセキレイ(白鶺鴒)は ロシア沿海地方 ハバロフスク地方の沿岸部 カムチャツカ半島 千島列島 樺太 日本列島(北海道 本州)および中国東北部に分布するセキレイ科 セキレイ属に分類される留鳥または漂鳥。
世界中に広く分布するタイリクハクセキレイ(Motacilla alba)の一亜種。

体長 21cm 。翼長 9-10cm。体重 約 30g。
頭から肩 背にかけてが黒色または灰色。
腹部は白色ですが 胸部が黒くなるのが特徴。
顔は白く 黒い過眼線が入ります。眼下部は白。

オンマウスしてね!

2.
nb-5781.jpg

”このあんよを見てね!” と言わんばかりにこっちを向いています。
見れば 両足が前に!

3.


どんどん近づいてきます。
人間を恐れる様子はまったくありません。

オンマウスしてね!

4.
nb-5784.jpg

もしかしたら 人間に慣れているのかもしれません。
餌をくれるとでも思ったのでしょうか?

5.
nb-5785.jpg

何かを捕らえたようです。

6.
nb-5786.jpg

その口に銜えているのは 羽虫のようです。

7.
nb-5787.jpg

不自由な足を使って器用に食べていました。

8.
nb-5788.jpg

もっと何かをほしがっているのでしょうか?

9.


足が変なのがおわかりいただけるでしょうか?
もしかして 足を治療中に逃げ出したと言う可能性もありそうです。
それとも考えたくはないのですが 誰かにいたずらされたとか・・・

10.
nb-5791.jpg

ほらね!
無事に生きて行くことを願ってやみません。

オンマウスしてね!

11.
nb-5792.jpg

さらに私のそばに来た時の写真です。
足は一体どうなっているのでしょうね。
ここまで撮るのに何分もかかっていません。

12.
nb-5793.jpg

ハクセキレイ(Motacilla alba lugens (Gloger, 1829))セキレイ科 セキレイ属


いつも応援をありがとうございます。
黙って応援してくださるお方もありがとうございます。
この記事を気に入っていただけたら クリックしてね!

にほんブログ村 写真ブログ マクロ撮影へ
にほんブログ村

☆ 空高くそびえるコダチダリア! もよろしく!



Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(22) | Trackback(0) | 野鳥-ハクセキレイ

Comment

がんばって!

足指が正常ではないため、地面について身体を支えることができないようですね。
生まれつきの奇形か、事故によるものなのかは分かりませんが、けなげに餌を捕っていますね。
この状態では獣医師に診てもらっても、おそらく回復の見込みは立たないような気がします。
餌は撮れるようですが、心配なのは外敵に襲われることです。
猛禽類やカラスなどはこうした動きの悪いものに対しては目ざといですから。
見ていると切なくなります。
頑張って生き抜いてほしいと思います。

2010-12-01 20:58 | URL | asitano_kaze [ 編集]

この鳥さん、ウォーキングしていると道路をトコトコ歩いているのを良く見かけます。
記事を拝見して心優しいお人柄が手にとるように分りました。
不自由でしょうが元気に生き抜いて欲しいですね。

拙宅にもあります~、皇帝ダリア。
まだ見た事がありませんが最近は白花もあるのですってね。

2010-12-01 23:12 | URL | EMA [ 編集]

詳細観察

マクロの世界です。
わたしのようなど素人、機材を持ち合わせていないものはとても無理な画像です。
詳細に、詳細に観察されるので驚きです。

      ☆ セキレイの尾の振り方や吉と出る

足がよくなってもらいたいものです。

2010-12-02 05:57 | URL | 縄文人 [ 編集]

野生に生きる命の力強さを感じます!!
そして、懸命に生き抜こうとする姿に、頭が下がります。
この足は治らないでしょう。。。
でも、その事実に真正面から向き合い、受け入れているからこそ、生きる為の知恵に満ち溢れているのでしょう。
fairy ringさんの優しさに反応したのだと思います。
心から応援します。。。

2010-12-02 06:40 | URL | はまぴー [ 編集]

あらら~ どうしたんでしょ??
虐待??
そうであってほしくないです・・・
でも 逞しく生きてますね。
がんばれ ハクセキレイちゃん!

2010-12-02 08:50 | URL | ぶーたんママ [ 編集]

あんよが・・・

事故なのか奇形なのか??

我が家で以前インコを飼っている時、母鳥の糞によって
ヒナの1匹の足が固まってしまったのを知り合いの人が私に託されました(^^;)
お湯でふやかしてそっと取ってやりましたが、もう両足がこんな具合でしたよ。
獣医さんはあまり長生きしないかも?と言われましたが、結構長生きしてくれました。
インコが7羽になった我が家は賑やか過ぎて(笑)

ハクセキレイは野鳥ですし、大変だと思うのですが頑張って欲しいですね!

2010-12-02 08:52 | URL | ミンゴ [ 編集]

この子が

先日コメントに書いてくださった、ハクセキレイですね。
これは痛々しい… 生まれつきのこのような奇形の子が
成鳥になって無事巣立ちまでできるとはあまり考えられないように思います。
傷ついた小さな生き物は、厳しい野生界の中では長く生きられないことが
多いですし。割と最近の何かが原因でこんなことになったのではないかと…
足を使えないこの子、それでも何と健気に必死で生きようとしていることか。
自然の女神が、この子にとっていちばんの優しい手を差し伸べて
くれるようにと願います。

2010-12-02 09:36 | URL | ポージィ [ 編集]

☆ asitano_kaze さん おはようございます!


1番にお越しいただきまして ありがとうございます。
また こちらにもコメントをありがとうございます。

やっぱり奇形なんでしょうね~~
それとも・・・黒い糸のようなものも見えたのです。
クモの巣とか糸が絡まって腫れてしまっているようにも見えたのですが・・・

餌はこの他にも獲っていたようです。
ここまで生き延びていたことを考えると 人間にも慣れているようで・・・
外敵に教われないことを願っています。
おっしゃるように切なくって これを載せるのも躊躇ったのですが こういう鳥もいるんだということをレポートしました。
ご覧いただきまして ありがとうございます。

2010-12-02 11:24 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ EMA  さん おはようございます!


そうですね。
今頃の公園とかでよく足元を歩いているのを見かけます。

どういう理由でこうなってしまったのかは 定かではありませんが 外敵に襲われることなく無事に生きてほしいと願うしかないようです。

お庭にもあるのですね。
八重のも画像で見たことがありますが 白はまだ見たことがありません。

2010-12-02 11:28 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ 縄文人 さん おはようございます!


あまりに近くに来たので マクロのように撮れましたが・・・
これはマクロレンズではなく 望遠レンズで撮ったものです。

足はどういう理由でこうなっているのかはわかりませんが 逞しく生きていってほしいですね。

この恰好ではセキレイ特有の尾ふりはできないようですが 句にあるように回復してくれるといいですね。

2010-12-02 11:31 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ はまぴー さん おはようございます!


ここに載せるのを躊躇いましたが これも与えられたこのハクセキレイの運命と思い 載せました。
野生の逞しさは失っていないようで ここまで生き延びてきたのですから これから先も困難に打ち勝って逞しく生き延びてほしいと願うばかりです。

訴えかけるような瞳が今でも目に焼き付いています。
人間にも慣れているのでしょうね。
この記事をご覧いただいた皆さんのエールが届きますように!

2010-12-02 11:36 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ ぶーたんママ さん おはようございます!


こちらにもコメントをありがとうございます。

虐待ではないように思います。
不自由なんでしょうが しっかりと餌も獲っていたので これから先も逞しく生き抜いてほしいと思いました。
ほんと! がんばれ! ですよね。

2010-12-02 11:39 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ ミンゴ  さん おはようございます!


理由はなんであれ 与えられてしまったこの運命を背負って生きてゆくしかないようです。

ま~ そんなこともあるのですね。
この子も何かそのような目に遭ったのかもしれませんね。

餌はちゃんと獲っていたようなので 不自由だろうけど逞しく生きてほしいですね。

2010-12-02 11:42 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ ポージィ さん おはようございます!


そうなんです~ このハクセキレイなんですよ。

ここまで成長しているのですから 何か事故にでも遭ってこうなったのかもしれませんね。
今更 元通りにはなれないかもしれませんが・・・
不自由ながらもちゃんと餌も獲っていたので その辺の逞しさでこれから先も外敵に襲われることなく 行き続けてほしいと思います。
これもこの子の運命なんでしょうが 見ていてとても切なかったです~

2010-12-02 11:46 | URL | fairy ring [ 編集]

うーん、かなり悲惨な状態のハクセキレイですねぇ。
野生で生きのびていくのは殆ど無理でしょうが、少しでも頑張って欲しいですね。

2010-12-02 19:51 | URL | びーぐる [ 編集]

☆ びーぐる  さん こんばんは!


こちらにもコメントをありがとうございます。

そうなんですよね~
餌は獲っていたようですけどね~
かなりの時間を地面で過ごしていましたから・・・
おっしゃるようにこれから先 寒くなってますます生きて行くのが難しい状態かもしれませんが なんとか頑張ってほしいですね。

2010-12-02 20:40 | URL | fairy ring [ 編集]

かわいそうなハクセキレイさん・・
足に、糸のようなものが絡みついて?
ふと、よくある、釣り人の捨てた、あるいは水中で絡んでしまった釣り糸などが鳥に引っかかって、という話を思い出してしまいました。
fairy ringさんに助けを求めていたのかもしれませんね・・・。
でも、野生の意識も、、
無事に生き延びてくれることを、私も心から願いたいです・・・。
前ポチ☆

2010-12-02 21:55 | URL | Sippo☆ [ 編集]

ハクセキレイという鳥さんなんですね、横顔がきれいですね。人慣れしてるということは、人に危害を与えられたのではないと思うのですが、不自由でも野生はしっかりと生きるすべを身につけるのでしょうね。自然の「ものはかわいそうと思い獣医さんに預けても、なかなか難しいようで、以前燕さんを連れていきましたが、元気になってどこかへ飛んでいく子もあればなくなる子もあるようでした。先日来た例の保護された足の不自由な子も新しい飼い主さんと他のワンちゃんともども数キロのところからしっかり歩いて「やってきましたですよ。私はとても歩いてはいけない距離なんで驚きましたが、帰途も歩きでした。けなげで感動しました。

2010-12-02 22:31 | URL | capira [ 編集]

☆ Sippo☆  さん こんばんは!


応援をありがとうございます。

どのような経過でこのようになっているのか 結局はわかりませんでしたが とにかく無事に生きていってほしいと願うだけです。
奇形なのか 糸のようなものが絡み付いているのか 写真ではよくわからなかったのです。
糸なら取り去ってあげようとも思ったのですが それもできませんでした。
お寄せいただいたご意見では おそらく治らないとのこと!
人間にはどうすることもできないようです。

2010-12-02 23:48 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ capira さん こんばんは!


はい! ハクセキレイです。

私もそう思いました。私の方にどんどん近づいてきましたので。
この他にも公園の落ち葉の下にいた虫を探していたようなので 野生として生きる術は心得ているようでした。
捕まえてもきっと治らないだろうな~とは思ったのですが・・・

あんなひどい状態の仔たちがたくさんいるのか とても信じられません。
いい里親さんたちのもとで幸せに暮らしている姿を拝見すると 本当に良かったと思います。
動物たちは体が不自由であっても ちゃんと生きて行く術を知っているのでしょうね。感動します。

2010-12-02 23:57 | URL | fairy ring [ 編集]

治ることはないのですか、切ないですね。
生きるものすべて、健康で育ってほしい
そうおもいます。

2010-12-04 20:36 | URL | haniwa [ 編集]

☆ haniwa  さん こんばんは!


レス 遅くなってしまって申し訳ございません。

はい! 見ていても何とかしてあげたいと言う気持ちだけがはやって・・・でもどうすることもできませんでした。
本当におっしゃるとおりですね。
何故 こういう運命になってしまったのかはわかりませんが・・・

2010-12-05 00:57 | URL | fairy ring [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/tb.php/261-6f33460a

Recent Comments

 

Recent Entries

 

Rccent Track Backs

 

Archives

 

Categories

Search in this blog

↑ クリックしていただけると嬉しいです。

Links

Access Counter

Profile

fairy ring

Author:fairy ring
今 この地球上で生きている森の妖精たちの宴と
白い妖精 日本テリアとの暮らし。
・ ぶん(♀)9歳 もん(♂)7歳 

・ ブログ内の記事 画像などの無断転写 転載は
お断りいたします。
・ ブログの趣旨に合わないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。
・ 使用カメラ
Canon EOS 5D
Canon EOS 7D
Canon EOS Kiss X3
OLYMPUS PEN E-P1
Canon EOS 5D Mark Ⅲ
Canon EOS 7D Mark Ⅱ(G)
Canon EOS kiss Digital X
・ 使用レンズ
Canon FD 24mm 1:1.4 L
Canon FD 50mm 1:1.2 L
Canon EXTENER EF 1.4xⅡ
Canon FD 400mm 1:4.5 S.S.C
Canon EF 24-70mm F 2.8L USM
Canon EF 16-35mm F 4L IS USM
Canon EF 400mm F2.8L IS II USM
Canon EF 70-200mm F 2.8L IS USM
Canon EF 100mm F/2.8L Macro IS USM
TAMRON SP AF Di 90mm F 2.8 MACRO
Canon Compact-Macro Lens EF 50mm 1:2.5