ミスミソウは彩り豊か!2009-03-18(Wed)


またまた キンポウゲ科の植物です。
そのなかのミスミソウ属の仲間にはスハマソウ ケスハマソウ ミスミソウ オオミスミソウとがあります。
ミスミソウの名前の由来は 根生葉が三角形の形をしていることから来ています。
スハマソウの名前は 饗宴の飾り物として 松・竹・梅・鶴・亀などを飾るのに使った洲濱(州浜)の形に象(かたど)った
島台から来ています。
州浜とは 河口付近で土砂が堆積した曲線のある海岸の姿を言います。
スハマソウ(洲濱草)は ミスミソウやオオミスミソウの変種とされ 本州や四国に分布し 花もよく似ています。
去年同様 区別は難しいのでミスミソウとして扱いました。
日照が少なく 去年のようには撮れませんでした。

去年の Spring Ephemeral 5 ミスミソウ もご覧くださいね。


1.
nb-407.jpg

ミスミソウ(三角草)は 雪解けが始る頃に花を咲かせることから ユキワリソウ(雪割草)とも言われ親しまれています。
本来のユキワリソウという和名は 本種とは全く別のサクラソウ科の Primula modesta のことを指します。

2.
nb-426.jpg

本州中部以西~九州にかけて分布し 落葉樹林の林床や崖などに生育し 石灰岩地域に多く見られる
キンポウゲ科 ミスミソウ属の常緑多年草。花期 2-4月。草丈 10-15cm。

3.
nb-405.jpg

葉は常緑で 根出葉が三裂(トランプのクラブの形)し 裂片の形が三角形で 葉の先が丸みを帯びるものがスハマソウ
先が尖るものがミスミソウということになっていますが 変種も多いので同定は難しいようです。
今 まさに花を咲かせようとしているところです。

4.
nb-416.jpg

だいぶ開いてきたところです。

5.
nb-419.jpg

色違いですが こちらも開きかけ。

6.
nb-409.jpg

開花したばかり!

7.
nb-410.jpg

地下茎から高さ 10-15cm の花茎を出し 頂端に 直径 1-1.5cm の 1つ の花を咲かせます。

8.


花弁のように見えるのは顎片で 花弁はありません。
顎片の数は 6-10 と変異があり 線状披針形から超楕円形と変化が多く
花色も白から淡紅紫色 紫紅色 青紫色と変化が多いようです。
オンマウスしてね!

9.
nb-414.jpg

雄しべ 雌しべは多数で 色も変化がいろいろあります。

10.
nb-413.jpg

こちらは 濃い紫色を帯びています。

11.
nb-418.jpg

萼片のように見えるのは茎葉。

12.
nb-423.jpg

その萼片様の茎葉は 3枚 ついていて 茎や葉には白い長毛があります。

13.
nb-422.jpg

きれいな空色です。

14.
nb-411.jpg

ミスミソウ(Hepatica nobilis var. japonica)キンポウゲ科 ミスミソウ属


* ミスミソウは 春の儚い命といわれる植物には属さないようです。夏になっても地上部は枯れません。
去年まで誤解をしていました。ここに訂正させていただきます。



 







Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:季節の花たち

Comments(41) | Trackback(0) | 植物-キンポウゲ科

Comment

ミスミソウですか、これまた可憐そのものですね!
キンポウゲの仲間ってよく似ているのが多いので区別が大変!
でもこんなに小さいのにしっかり咲いてきますよね。
われわれが見ることが出来るのは準栽培に近いのが多いのかな?
むふふふ、久しぶりに一番かな?

2009-03-18 18:59 | URL | びーぐる [ 編集]

見どころがいっぱい

ミスミソウ、このちいさくて愛らしい花、私もいくつか撮りました。
撮りながら自生地で出会いたいものだという思いが募ります。
4枚目、すてきですねぇ。
10,13枚目、この色もいいですねぇ。
様々な萼片の彩り、そしてしべの色、変化に富んでいますね。
見どころがいっぱいという感じです。

2009-03-18 20:38 | URL | asitano_kaze [ 編集]

可憐ですね

ミスミソウ とても可憐ですね。前のキクサキイチゲでコメント出しましたが又何かのてちがいか?届いていませんでした。春の妖精を沢山拝見して感激していましたらまだ続きがあり驚いています。キクサは昨年のみづいろのお花も綺麗ですね。ミスミそうはおしべやメシベの色が違いコチラも可愛いです。どのお花もコチラで拝見しては感動してますが、案外今までは見落として過ごしていた事と思い
これからは地面もよくみて歩きます。

2009-03-18 20:54 | URL | カピラ小坂 [ 編集]

☆ びーぐる  さん こんばんは!


一番にお越しいただきまして ありがとうございます~~!

そうなんですよね~
可愛いお花が多くって それも似ていますね。
自生地で撮れれば最高なんでしょうけどね。
栽培種でしか 見たことないです。
山の中へ重い荷物を持って一人で行くのは・・・

2009-03-18 21:03 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ asitano_kaze  さん こんばんは!


kaze さんも撮られましたか~
やはり 自生地で撮ってみたいですよね~
この春の儚い命といわれているものを!

4枚目 ありがとうございます。
萼片の色 蘂の色が変化に富んでいるので 見飽きませんね。
ピンクや紫のも見てみたいです。
鉢植えでは とても高価な値段で売られているようですね。

2009-03-18 21:07 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ カピラ小坂  さん こんばんは!


ま~ また コメントが届きませんでしたか~
どうしたのでしょうね。
申し訳ありません。

はい! 春の妖精さんたちは これからもたくさん咲き出すので できるだけ多く巡り合えたら嬉しいな~と思っています。
いろんなところに出かけなくては いけませんが 頑張ります。
ありがとうございます。

2009-03-18 21:10 | URL | fairy ring [ 編集]

こんばんは

先日見た近所の森のミスミソウは咲き始めたばかりでした。
色や姿の変異が面白いので、また見に行きたいと思っています。
これまでミスミソウばかり見ているのでスハマソウとの区別もきちんとは分かっていません。

2009-03-18 21:23 | URL | 横浜のおーちゃん [ 編集]

ノックダウン

fairy ringさんのミスミソウ登場ですね!
もう、のっけからあまりの可憐なお写真にノックダウン状態
です。とくに1,2,4にめろめろです~。
私が今回出会ったミスミソウたちはしっかり咲いた状態が
ほとんどでしたから、咲こうとしているところや咲いたばかり
の姿も新鮮でした。
変化に富んでいるのも愛好家がたくさんいる理由のひとつかも
しれませんね。

花弁に見えるのはガク片で、ガク片に見えるのは茎葉…
それぞれに役割を肩代わりしているのが面白いですね。

2009-03-18 21:33 | URL | ポージィ [ 編集]

こりゃまた 可愛らしいお花。
ホントだ!葉っぱがクラブですね。
10番の濃い紫も綺麗です。
13番のもいいな~
おっ 14番も捨てがたい・・・
どれも綺麗ってことで・・・

2009-03-18 21:38 | URL | ぶーたんママ [ 編集]

緑のガクの様なものが見えるから、今度はやっと花びらか!と思いきや、
やはりガクで出来ているお花だったのですすね、ガクッ。

キンポウゲ科の野草で花びらのあるのって、数が少ないのかしら。
今度探してみましょう。

2009-03-18 21:46 | URL | とんとん [ 編集]

ミスミソウ いいですね~

どの花も み~んな可愛い!
シベが綺麗で 見飽きません。

2009-03-18 21:53 | URL | haniwa [ 編集]

☆ 横浜のおーちゃん さん こんばんは!


本当に色の変化に富んだお花ですよね。
蘂もとても可愛いです。
愛好家が夢中になるのもわかる気がしないでもありませんが 自然の状態のお花の方が清楚ですよね~~
スハマソウとミスミソウ 花だけ見ていたのでは区別がつきません。
葉っぱをみてもきっとわかりません。
なので ミスミソウと言うことでアップしました。
DNA 鑑定でもしなくっては・・・

2009-03-18 22:33 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ ポージィ  さん こんばんは!


早速 お越しいただきまして ありがとうございます。
これもTB させていただこうかな~~?

1 2 4 枚目 ありがとうございます。
この花の魅力は 蘂の色の変化 萼片の色合いが微妙に違うことでしょうかね?
光の具合がイマイチで去年のように明るくは撮れなかったのですが それは仕方ないです。
咲きかけの状態とか蕾 大好きなんです。

キンポウゲ科の植物ってほんとうにユニークですね。
まだまだ登場させますよ~~!笑

2009-03-18 22:38 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ ぶーたんママ  さん こんばんは!


清楚で可憐な花なのですが 色合いが変化に富んでいてとても美しいです。
はい! 葉っぱの形もユニークでしょ!

いろんな色があるようですが ここではこれしか見ることができませんでした~~

10番 13番 14番とありがとうございます~~

2009-03-18 22:41 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ とんとん  さん こんばんは!


あはは! がくっ! ですね。
萼片と花弁との区別 難しいですね~
ウマノアシガタやキツネノボタンは花弁というようですが ニリンソウ オキナグサ フクジュソウなどは萼ですね~~
バラ科に似ているようですが キンポウゲ科の萼片は離弁しているのが特徴のようです。

今度探してみてくださいね。

2009-03-18 22:51 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ haniwa  さん こんばんは!


は~い! どれも萼片の色合い 蘂の形 色合いが富んでいておっしゃるように見飽きることがありません。
愛好家が夢中になられるのもわからないではありません。
とっても高価ですよね~
昔から 栽培されて改良されて・・・
山の中の自生種が好きですけどね。

2009-03-18 22:54 | URL | fairy ring [ 編集]

こんばんは

ミスミソウ、見逃さずに見ることができました!
よかった(^O^)/ しべの色がきれいですね、つやがあってしっとりしてます。
私は白っぽい花びら(ガク)のミスミソウ好きです。
春の妖精さん、あちこちで花ざかりになりましたね。

2009-03-19 01:54 | URL | panda [ 編集]

綺麗ですネ

fairy ringさん、おはようございます。

ミスミソウの仲間は、どれも綺麗ですね。私も今年も自生地には行っていませんが、自生している場所で出会うと本当に嬉しいのですが、お目覚めした長い者が居る事があったりして.....
本当に春の儚い花ってチャンスを逸すると出会えるのは来春となりますから難しいものですね。

2009-03-19 07:42 | URL | KAN [ 編集]

☆ panda  さん おはようございます!


おでかけだったのでしょうか?
お忙しいのにありがとうございます。
ミスミソウは変化が多くって 見飽きることがないようです~~

萼の色も蘂の色も本当に美しいですね。
白 いいですよね~

はい! あといくつ出会えるか楽しみです。

2009-03-19 07:46 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ KAN  さん おはようございます!


自生地のミスミソウは見てみたいですが 遠いしワンコがいるので 出かけられません。
あは! ヘビ さん 苦手でいらっしゃいますか~
って 私も苦手ですが・・・
ヤマカガシ マムシはちょっとね~~

丁度いい身頃や気象条件のいい時に出会えるかは運ですね~~
ありがとうございます。

2009-03-19 07:50 | URL | fairy ring [ 編集]

山野草が咲き始めましたね♪
ミスミソウは色んな色や花型があり側から離れられなくなります(花公園)

自生の物に出合えたら良いのですが残念ながらマイフィールには無いようです。

2009-03-19 09:09 | URL | 九ちゃん [ 編集]

ミスミソウのしべは青、紫、ピンク等可愛いですね。
白い顎片とマッチして清楚な雰囲気ですね。
この時季に綺麗に咲くキンポウゲ科の植物は種類が多いですが
有毒成分を持っているので庭に植えるのはワンコのために気を付けないといけませんね。

2009-03-19 10:52 | URL | kazz [ 編集]

ミスミソウ自然生えですか?
足助の山にカタクリを繁殖して山一つ見事に咲きます
その山の裾に一部山草も育てているのです
そこで一度目にしたことがあるのですけど、こんなに綺麗じゃ無かったです

またまた カメラマジック(?_?)でしょうか

びぶんさんに触発されて山草の本を手に入れました
これからはもう少し勉強するぞ~ なんて意気込んでいますけど?

たぶん 覚えられないだろうなぁ
それに探しきれないと思うなぁ。。。(-_-)

2009-03-19 11:08 | URL | ももんが ひめ [ 編集]

こんにちわ~♪
去年、雪割草とミスミ草の区別の仕方を教えていただいたのを
思い出しました☆ ほんのり紫色が入った、カワイらしい白が
印象的ですね。

あぁ~春ですね♪ 待ちに待った春ですね♪♪
花の楽しめる季節到来。毎週のお出かけが楽しみです^^
ブン&モンちゃんも暖かくなって嬉しいワン☆って言って
ますよね。

2009-03-19 11:35 | URL | Tane Mahuta [ 編集]

☆ 九ちゃん さん こんにちは!


なかなか自生のミスミソウを観るチャンスはないです~~
公園とか植物園でしか 見られません。

そうですか~
フィールドには自生していないのですね。
それは残念ですね。
山野草はどれも可愛いですね。
山で自生のものをご覧になれるのは たいへんな贅沢です~~!

2009-03-19 17:49 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ kazz さん こんばんは!


はい! ミスミソウは変化に富んでいて 品種もたくさんあるようで 見飽きることがないようですね。

そうなんですよね~
キンポウゲ科の植物のほとんどが有毒ですからね~
他にも有毒植物はたくさんあります。
以前まとめた有毒植物一覧です。

http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-625.html

根などを掘り返したりしないといいですね。

2009-03-19 19:03 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ ももんが ひめ  さん こんばんは!


山一つがカタクリでいっぱいになるのですね~
すごいです。
ミスミソウもご覧になられたのですね。

カメラマジックでも何でもないですよ。
実際 とってもきれいでしたから。

ご本 片手にワンコと歩くのもいいかもしれませんね。
散歩が楽しくなると思います。

2009-03-19 19:06 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ Tane Mahuta  さん こんばんは!


あのミスミソウ 今年も咲きましたか?
いろんな品種があるので 見ていて飽きることがないですね。
愛好家が夢中になるのもわからなくはないですが 自生のを見たいです~~

Tane Mahuta さんは私生活も春ですね~~
たくさんのお花が一気に咲き出すので どれに的を絞ろうか悩みますね。
お写真楽しみにしています。

ぶんたちは まだほとんど 外を散歩していません。
喰っちゃ寝~ の生活です。
そのうち 連れ出しますね。

2009-03-19 19:11 | URL | fairy ring [ 編集]

フクジュソウ、キクザキイチゲ、そして今回のユキワリソウと見せていただきました。
ユキワリソウはフクジュソウやキクザキイチゲと比べて随分小さな花ですよね。
でも可憐さは他の二つに負けていない。むしろ小ささが可愛さを引き立てている、そんな気がする花で大好きです。
可愛い姿をより可愛く撮っていただいて嬉しいです。

2009-03-19 20:18 | URL | あまもり [ 編集]

PS.

あらら、もう一度本文をよく読んだら、本来のユキワリソウは別物だと・・・。
で、今「ユキワリソウ Primula modesta」で検索してみたら、あらまぁ何とこれはサクラソウにそっくり。

ミスミソウというのが正式なんですか。
私は最初にユキワリソウと覚えたので、どうもミスミソウの呼び名に馴染みがなくて。
私はやっぱり今後もユキワリソウでいきます。

2009-03-19 20:28 | URL | あまもり [ 編集]

きれい~~!

ミスミ草はあこがれだけど山へ行かないから園芸店で買ったものを1年で駄目にしてしまう私には超うらやましい姿。やはり自然に咲いている姿は格別ですね。
落ち葉がいっぱいの中から顔を出しているんですね。
素晴らしい春の歌が聞こえてくるようです。

2009-03-19 21:14 | URL | mithi [ 編集]

☆ あまもり  さん こんばんは!


春の儚い命 順にご覧いただきまして嬉しいです。
そうですね。前の3つに比べると花の大きさは 小さいです。

萼片と蘂との変化がとてもいろいろとあって それがまた可愛らしさを引き立てているように思います。
いいえ~ そんな風に言っていただけて嬉しいです。
ありがとうございます。

ははは! そうユキワリソウというのは サクラソウ科の植物のことをいいます。
正式にはミスミソウと言うようです。
でも 流通名はユキワリソウで通っているみたいです。
名前も統一してほしいところですが・・・

2009-03-19 23:04 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ mithi  さん こんばんは!


山のものは山で見るのが一番なんでしょうけど ここは植物園の中です~~

園芸品種はたくさんあって 愛好家が夢中になっていますね。
1年で枯らしてしまうのは かわいそうですね。
早春に顔を出すお花たちは 皆落ち葉の中から顔を出しているみたいです。
ありがとうございます。

2009-03-19 23:07 | URL | fairy ring [ 編集]

ミスミソウ、綺麗ですね!
かすかに、色が違うんですね。
開いたところも素敵ですが、4枚目のこれから開くところもいいですね。
鉢植えしか見たことありません。
山でも見てみたいですね。

暖かくなってぶんちゃん達も喜んでるでしょね。

2009-03-20 00:15 | URL | kuriko [ 編集]

☆ kuriko さん こんばんは!


はい! とてもきれいなお花です~
いろんな変化があって マニアにとっては堪らない代物のようです。
蕾とか これから開くといった感じ 私も大好きです。
自生のものを見てみたいですね。

暖かくなっても黄砂と花粉が舞っているので ワンコにマスクをつけるわけにも行かず・・・
低い位置にいるから 人間よりまともに排気ガスや花粉を吸い込むことになりますよね。
ワンコにも花粉症はあるようです。
もうちょっとの辛抱ですね。
ありがとうございます。

2009-03-20 00:23 | URL | fairy ring [ 編集]

おはようございます!
お久しぶりです。
春の儚い命シリーズ楽しませて頂きます。
実際にみる機会はありませんが、実物をみたらとっても感動しそうです。山で見つけたらもっと感動しますね。
4番の開きかけたのが好きです。
かわいいお花。しべもかわいいですね。。
春といえばこの間、生まれてはじめてふきのとうを食べました。あの苦味はくせになりそうです。大人の味って感じでした(笑)

2009-03-20 09:33 | URL | aki [ 編集]

☆ aki  さん おはようございます!


お元気でしたでしょうか?
楽しんでいただきまして 嬉しいです。
まだまだ続きますが ここでちょっとお休みをして樹木へ・・・^^;
自生地でこれらのお花を見たら 感激でしょうね~
4番目 ありがとうございます。

フキノトウ 苦っぽろいですよね~
天麩羅に蕗味噌にと 大人の味ですね。
春に芽吹いたものは灰汁が強いですから。

ありがとうございます。

2009-03-20 10:20 | URL | fairy ring [ 編集]

ミスミソウって可憐で可愛い花ですね。
花びらも空色があったりでとても綺麗に撮れていて
うっとりして拝見させていただきました。
5Dでお撮りですよね~、よくこんなに低く咲いているお花をお上手に撮れましたね。

2009-03-20 12:36 | URL | EMA [ 編集]

☆ EMA  さん こんにちは!


はい! とっても可憐で可愛い花です。
これは花びらではなく 萼片なんですよ。
その萼片や蘂にはいろんな変化があって 見ていて飽きることがないようです。

これらは 5D ではなく kiss DX で撮っていますが アンダースコープはイマイチ使いにくかったので 低い位置から撮るのにひどい恰好をしました~~笑

ありがとうございます。


2009-03-20 13:17 | URL | fairy ring [ 編集]

こちらの山では自生種が見られる場所があるんですよ。
何度も探しに行ってるんですが、
未だ見つかりません。
写真はネットにUPされてる方がいるんですが、
自生種は白ですね。
何時の日にか見つけてUPしたいと思ってます。

2009-03-21 14:35 | URL | 和さん [ 編集]

☆ 和さん さん おはようございます!


以前の記事で拝見したことがあるように思います。
今年は見つからないのですか~~
盗掘されたとか・・・
白がやはり清楚でいいですね~
マニアがいろんな色を作出して高価な値段がついているようですが・・・

楽しみにしていますね。

2009-03-22 09:05 | URL | fairy ring [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/tb.php/26-582a437d

Recent Comments

 

Recent Entries

 

Rccent Track Backs

 

Archives

 

Categories

Search in this blog

↑ クリックしていただけると嬉しいです。

Links

Access Counter

Profile

fairy ring

Author:fairy ring
今 この地球上で生きている森の妖精たちの宴と
白い妖精 日本テリアとの暮らし。
・ ぶん(♀)9歳 もん(♂)7歳 

・ ブログ内の記事 画像などの無断転写 転載は
お断りいたします。
・ ブログの趣旨に合わないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。
・ 使用カメラ
Canon EOS 5D
Canon EOS 7D
Canon EOS Kiss X3
OLYMPUS PEN E-P1
Canon EOS 5D Mark Ⅲ
Canon EOS 7D Mark Ⅱ(G)
Canon EOS kiss Digital X
・ 使用レンズ
Canon FD 24mm 1:1.4 L
Canon FD 50mm 1:1.2 L
Canon EXTENER EF 1.4xⅡ
Canon FD 400mm 1:4.5 S.S.C
Canon EF 24-70mm F 2.8L USM
Canon EF 16-35mm F 4L IS USM
Canon EF 400mm F2.8L IS II USM
Canon EF 70-200mm F 2.8L IS USM
Canon EF 100mm F/2.8L Macro IS USM
TAMRON SP AF Di 90mm F 2.8 MACRO
Canon Compact-Macro Lens EF 50mm 1:2.5