どこからそんな力が!壮絶なツマグロヒョウモンの産卵!2010-09-28(Tue)


月曜日から雨が降り始め 気温がさらに下がりました。
風邪など引かれませんようにお気をつけくださいね。

土曜日(25日)は久しぶりに暑かったですね。
午後 2時半 彼岸の墓参りから帰宅すると 玄関前にはまだツマグロヒョウモンのメスが・・・
出かける前からいたように思います。ってお墓は近いのですが。

初めは羽化したばかりのメスかな?って思っていたのですが どうやら産卵をしている様子。
午後の暖かい陽射しが当たるこの場所は 彼女が最後の力を振り絞って子孫を残そうとするのに丁度具合がよかったのでしょうね。
まるで酔っ払っているかのようにふらふらふらっ~と飛んでは ひらひらと舞うように下に向かって行きます。
地面に落ちると死んでしまったかのように動かなくなります。

見れば 鉢植えに生えている野のスミレを見つけては産卵しています。
スミレの葉裏や基部にお尻をつけて 何回か産卵をすると 使い果たしたエネルギーを取り戻すかのように温まった壁に翅を広げて 太陽のエネルギーを吸収していました。
また 枝に止まったり ボタンクサギやノウゼンカズラの花の蜜を吸って水分を摂取していました。
そんなことを何度も何度も繰り返していました。
よほど疲労困憊している様子で 見ているこっちの方が胸が熱くなってしまいました。
”がんばれ! お母さん!” と思わず声援を送りました。

我が家の鉢植えにはほとんど何らかのスミレが生えているのですが 植物の陰に隠れた小さなスミレをよく見つけられるものだな~!と感心するばかり!

また何日かすると あのけばい幼虫がうようよと這ってスミレの葉を食い荒らしてしまうのでしょうね~~
あの必死な姿を見てしまうと 無碍にもできなくなってきました。

9月20日 あのこと があって以来 写真を撮るまいとカメラをしまいこんでいたのですが・・・
このツマグロさんのあまりに壮絶な生き様に心を打たれて撮ってみる気になりました。
あの日 ムクゲ の葉で翅を休めていたツマグロヒョウモンももしかしたら その下のスミレに産卵をしていて 疲れた体を太陽で温めていたのかもしれません。
小さな体のどこからあのエネルギーが湧いてくるのか・・・うまく伝えられたらいいのですが。



1.
nb-5013.jpg

こうしてじっとしていたので 初めは何をしているのかと思いました。

2.


ギボウシの鉢に生えているスミレの葉に潜って行きました。
この時点で産卵だということがわかりました。

オンマウスしてね!

3.


こうしてスミレの葉にお尻を擦り付けていました。

オンマウスしてね!

4.


こんなこともしていました。

オンマウスしてね!

5.
nb-5020.jpg

こうやってカメラを向けているのは可哀想だったのですが それでもお構いなしに産卵していました。

6.


何回か産卵をすると こうやって翅を広げて体を温めていました。

オンマウスしてね!

7.
nb-5023.jpg

ウメの葉の上で休んでいます。

8.
nb-5024.jpg

そっと葉の裏を見てみると・・・ありました! 卵が・・・
トリミングして拡大しています。

9.


今度はサンシュユの鉢植えに生えているスミレを狙って。

オンマウスしてね!

10.
nb-5027.jpg

しばし休憩。
終わりかけているボタンクサギの花の蜜にストローを差し込んで吸蜜しています。
うんと栄養を補給して行ってね。

11.
nb-5028.jpg

今度は違う鉢植えのスミレに・・・
もうそれは必死で精力的でした。

12.


だんだんと影の長さが長くなって行きます。
あまりパパラッチをしていては可哀想なので この辺でカメラは止めました。
その後も 産卵し続け 午後 3時半 はゆうにまわっていました。
4時半 にはその場所はすっかり陽が陰ってしまっていました。

ツマグロヒョウモン さん 撮らせてくれてありがとう!
今頃 天寿を全うしてしまっているのでしょうね。合掌。


いつも応援をありがとうございます。クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ マクロ撮影へ
にほんブログ村

☆ ランタナにやってきたイチモンジセセリとチャバネセセリ もよろしく!

☆ ガガイモの花をみつけました~! もアップしました~






Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:花に群がる虫さんたち

Comments(28) | Trackback(0) | 花と昆虫

Comment

私、小さい時から虫が大好きで、産卵は見た事はないけれど、色んなタマゴは沢山見ました。
小さい時は見たけれど、もう何年もチョウのたまごなんて見てなかったな~
できれば今でも虫をおっかけて、あのワクワク感体験したいです。
↑の写真、見ていてすっごくワクワクしました。

2010-09-28 10:31 | URL | きらり [ 編集]

☆ きらり  さん おはようございます!


早~! もうびっくり!
1番にコメントをありがとうございます。
ブログの確認をしている最中にきっとコメントをくださったのですね。
さっきから何度も書き直していました~~笑

あら~ 理科系なんですね~
私は幼かった頃は 父とよく虫を追いかけた覚えがありますが 大人になってからは あまり好きではなくなりました。
第一 夫とぶんが虫嫌いなので(笑)虫からは遠ざかっています~~!

ワクワクしてご覧いただいて嬉しいです。
私もとても感動しました。

コメントをありがとうございます。

2010-09-28 10:44 | URL | fairy ring [ 編集]

力が入ります

拝見しているうちにいつの間にかこぶしを握って息を詰めてました。
ツマグロヒョウモン母さんの必死さ、伝わってきましたよ。
こんなに長い時間をかけていくつもいくつも産むものなんですね。
ツマグロヒョウモンは、いまでこそ関東でもよく見かけますが
元々はもう少し南の方の蝶ではなかったでしょうか。
かなり適応はしてきているでしょうが、それでもこの秋の急な寒さは
こたえるでしょうね。時折りじっと動きを止めて体を温め休憩し
それからまたやおら産卵を続ける姿、胸がキュッとなりますね。

卵のアップのお写真もすごいです。細かい所までよく見えます。
このまま孵って、それから越冬するのかしら?それとも卵のままで?
あるいは寒い中一生を送るのかしら。どうなるでしょうね。

2010-09-28 11:07 | URL | ポージィ [ 編集]

がんばれ

ツマグロヒョウモン、いろいろと言われていましたが、すっかりお馴染みになってしまいました。
fairy ringさんがカメラを持ち出す気になった、というくだりが何よりも嬉しいです。
3,4,5,11枚目、よく撮られましたね。頭は地面ちかくになっているのでは。
8枚目、きれいな卵ですね。まるでトウモロコシ。
12枚目、ほんと長い影法師です。
この時期、あちこちで虫たちの産卵の光景が見られますね。
みんなこのために生きた来たんですから。
応援したくなります。

2010-09-28 14:05 | URL | asitano_kaze [ 編集]

珍しいものを拝見しました。
こうやって命は引き継がれてゆくのですね。
応援したくなる気持ちがよくわかりますね。

2010-09-28 14:59 | URL | hisamichi [ 編集]

☆ ポージィ さん こんにちは!


ありがとうございます。
1時間以上こうやっていたと思います。

地球温暖化のせいとか生態系を乱すとかいろいろといわれていますね。
昔は見なかったのに 今ではすっかりおなじみになってしまいました。
この日は暖かかったからよかったのでしょうが この 2日後からは冷たい雨が・・・
11月頃までは成虫を見ることができますが 冬は卵か蛹で越冬するようです。
この卵たちはどうなんでしょうね。

ふらふらになりながらも産卵を続けては休憩するその姿 ほんとうに感動しました。

こちらにもコメントをありがとうございます。

2010-09-28 15:31 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ asitano_kaze さん こんにちは!


そうですよね~
昔はとんと見かけなかったですものね。

あれ以来 カメラはしまってしまいました。
家の庭での撮影は時々やっていましたが 近所を出歩いて撮る気力がなくなってしまって・・・
これも家だったので 撮れました。
ご心配とお気遣いとをありがとうございます。

3 4 5 11 そんなに苦労はしなかったですけどありがとうございます。
あはは! 本当にトウモロコシみたいですよね。

だんだんとチョウの影が長くなっていって・・・
この日はオオスカシバもやってきて クチナシに産卵をしてゆきました。おかげでクチナシはボロボロ!

どの虫もやってくる冬に備えてがんばっているのですね~

コメントをありがとうございます。

2010-09-28 15:38 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ hisamichi  さん こんにちは!


最後までご覧いただきましてありがとうございます。

偶然見かけたのですが とても感動しました。

ツマグロヒョウモンについてはいろいろといわれているようですが こういうシーンを目撃してしまうと 応援したくなりますよね。

コメントをありがとうございます。

2010-09-28 15:40 | URL | fairy ring [ 編集]

感動しますよね!!
僕も一度だけツマグロヒョウモンの産卵に出会った事があります。
なんと形容していいか判らない神々しさに、ものすごい感動を覚えました^^
お写真を拝見させて頂いて、あの感動が改めて蘇りました^^

2010-09-28 17:50 | URL | はまぴー [ 編集]

感動されながら観察されている姿が目に浮かぶようです。道端で生きているのか死んでいるのかわからない蛾や蝶にも、これからは見る目がちがってきそうです。
葉の裏の卵を見つけられてすごいです。私もどきどきしました~
長時間外におられて蚊に刺されませんでしたか?(笑)
ぶんちゃんのスミレですね。また花束ができるほど咲いてくれるでしょうか。最初は、ぶんちゃんのスミレに虫付くな~と心の中で叫んでました。

2010-09-28 18:56 | URL | パル母 [ 編集]

家の庭でもこの状態のツマグロさんはよく見かけます。
卵も写真を撮られて、素晴らしいです。
何処にスミレがあるのか良く分かるものだと感心しますね。
スミレの葉っぱはボロボロになっても幼虫はそのままにしています。
幼虫は色が強烈で写真を撮る気がしないですね^^

2010-09-28 19:53 | URL | ミュー [ 編集]

ツマグロヒョウモンが地面に降りているのを見かけますが
まったく気にしていませんでした^^
こんなに一生懸命なんですね。

スミレの葉に足をふんばっての産卵、
花の蜜で栄養補給、
どの写真にもfairy ringさんの愛情があふれていますね。

2010-09-28 19:56 | URL | haniwa [ 編集]

☆ はまぴー さん こんばんは!


ご覧になられたことがおありなんですね。
私はこれで2度目でしたのですぐにわかりました。

ふらふらになりながらも最後の力を振り絞るように産卵する姿は おっしゃるように神々しかったです。
何がそうさせるのかは DNA なんでしょうが 本能というのはすごいものなんですね。

コメントをありがとうございます。

2010-09-28 20:24 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ パル母 さん こんばんは!


小さな生き物の命を育むそのエネルギーにはただ ただ感服してしまいます。

ふらふらになりながらも 一生懸命な姿 ぶんが飛んで逢いにきてくれたような気がして・・・
実はチョウが飛んでいたコースの下にはぶんのお墓があるのです。
それでなおさら 感動してしまいました。

そそ! このスミレたちをありったけ摘んでぶんにブーケを作ってあげましたね。
春になったらまた咲くと思います。
陽がよく当たる場所だったので 蚊は飛んでいませんでした。それに私は 蚊に刺されない体質のようで・・・
それより もんが ”ボクも外に出せ!” とワンワン吼えていました~!
それで 少しの間だけリードでつないで見せてあげました。
幼虫の姿は気持ちがいいものではないですが 卵ならいいかなと思いアップしました。

コメントをありがとうございます。

2010-09-28 20:35 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ ミュー さん こんばんは!


ミュー さんのお庭にはいろんなチョウや鳥さんが飛んでくるのでしょうね。
私もツマグロの産卵を見たのは2度目です。
1度目は外でしたが・・・
小さなスミレの葉をよく見つけるものだと感心するばかりですよね。
はい! うちもぼろぼろになってもそのままにしてあります。
春になったらちゃんと花 咲きますよね。
卵は そんなに気味が悪くはないですが あの幼虫はね~~
おっしゃるように撮る気もアップする気も起こりません。

コメントをありがとうございます。

2010-09-28 20:40 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ haniwa  さん こんばんは!


haniwa さんも目撃していらしたのですね。
そうなんです。
こんなに一生懸命なんです~!

最後の力を振り絞って産卵するその姿 感動します。
疲れきって冷えた体を太陽で温めたり 吸蜜したりして・・・
1回の産卵で どれだけのエネルギーを使うのでしょうね。

きっと このあと命をまっとうしたのでしょうね。
これが母の愛といえるかどうかですが 生き物ってすごいな~! って思いました。

こちらにもコメントをありがとうございます。

2010-09-28 20:46 | URL | fairy ring [ 編集]

生命力

凄い写真のオンパレードですね
うーん それと生命力というか繋ぐ命の力を見ました。
うちは金柑の木に今年はなぜかアゲハが産卵しすぎて困りました。
最初は許容範囲だったのですがあまりにも葉っぱを食い尽くすので後半は、ごめんよと心の中でつぶやきながら駆除してしまいました。

2010-09-28 21:30 | URL | しーたけ [ 編集]

☆ しーたけ さん こんばんは!


ありがとうございます。
偶然に目撃することができました。

本能というか生き物のすごい底力のようなものを感じますね。
キンカンですか~
うちではクチナシにオオスカシバが 卵を産みつけいろんな段階の幼虫で葉っぱがぼろぼろです~~!

それでも翌年 花は咲くので我慢します。

コメントをありがとうございます。

2010-09-28 22:00 | URL | fairy ring [ 編集]

こんばんは!
ツマグロヒョウモンさん、力を振り絞っての産卵、素晴らしいシーンに巡り合えましたね。
私も、思わず「頑張って!」って応援しながら拝見しました。
種を残すということ、、
小さないのちにとっては、想像以上に過酷な道すじなのでしょう。
でも、彼らは、決して諦めない。
そんな強さが、私たちに教えてくれること
多々ありますね。

「あのこと」
きっと、このとき
ぶんちゃんの魂が 彼女に乗り移り
話しかけていたのかもしれませんね。
前ポチ☆

2010-09-28 23:05 | URL | Sippo☆ [ 編集]

☆ Sippo☆ さん こんばんは!


はい! とても素敵なシーンに出会えたこと感謝です。
小さな生き物にとって 種の保存というのはたいへんなエネルギーを要するのでしょうね。
本当に強さを感じました。

彼女を見ていてぶんが逢いに来てくれたのではないかと何度も何度も思ってしまいました。
それほど思い入れが大きくなって行くのを感じました。

コメントとクリックとをありがとうございます。

2010-09-28 23:45 | URL | fairy ring [ 編集]

w(~0~)w わぉ!!!

これは貴重なお写真を拝見させて戴きましたm(_ _)m
普段は綺麗な蝶々だと追いかけてはo[◎]o-) バシャッ☆
そんなことばっかりしていましたが
こうしてみると、アゲハさん達も一生懸命に生きて命を繋げて居るんですね!!!
小さな身体でよく頑張った!!! エライ☆彡
今度は来年に新しい命が蘇って来るのですね!!!
頑張れ~☆
ポチッ☆彡

2010-09-29 16:41 | URL | 理彩也 [ 編集]

まさに壮絶な命のドラマでありまする!
必死で子孫を残そうとする姿には感動しますよね。
しかし、卵は初めて見ました!!

2010-09-29 20:31 | URL | びーぐる [ 編集]

☆ 理彩也  さん こんばんは!


アゲハではなくツマグロヒョウモンなのですが・・・
ま~どっちでもいいのですけどね。

子孫を残すために一生懸命なんですね。
ふらふらになりながらも それは必死で卵を産み付けていました。
どうなんでしょうね~ まだ成虫になるチャンスはあると思いますよ。
11月頃まで飛んでいますから。
声援を送りたくなりますよね。

コメントとクリックとをありがとうございます。

2010-09-29 21:04 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ びーぐる  さん こんばんは!


それはもう必死で子孫を残そうとしていましたからね~
とても感動しました。

卵 おもしろいでしょ!

コメントをありがとうございます。

2010-09-29 21:06 | URL | fairy ring [ 編集]

すごいですね

前回の写真で対外感激していましたが今回はそれに勝るものをは異変しました。卵を産むところまでしっかり観察 すごいですね。あの菫は我が家でも咲いてるのですが、雑草と思いつい抜いてしまいました。これからは置いておこうと思います。蝶が孵化するまで飼ってみたり、お蚕さんも(大昔)飼ったことがあるので虫は別に気味悪くはないのですが近頃は花をやられて困るのでつい天敵扱いしてしまいます。チョッピリ後悔です。すごいのをありがとうございました、

2010-09-30 11:01 | URL | capira [ 編集]

☆ capira さん こんにちは!


以前にも産卵するところは撮ってアップはしたことがあるのですが こんなに間近で見ることはできませんでした。

スミレ いつの間にか蔓延りますよね。
うちにはいろんなところからいろんな種類のスミレの葉が出ています。閉鎖花(花は咲かなくっても種子だけできて増えます)がたくさんついています。
カイコを飼っていらしたのは存じ上げていましたが チョウも孵るのを観察されたのですね。

花や葉っぱを食べられると姿が悪くなりますよね~
うちのクチナシはボロボロです。
楽しんでいただいて 嬉しいです。
ぶんが逢いに来てくれたのだと思いました。

コメントをありがとうございます。

追; レシピをありがとうございました~
たった今 届きました。

2010-09-30 15:12 | URL | fairy ring [ 編集]

夏の高原でアザミに群れてるツマグロヒョウモンを見ました。
一頭だけ美しい雌がいましたね。
蝶の産卵初めて拝見しました。
生物たちはみな、子孫を残すため大変な努力をしてるんですね。

2010-09-30 19:47 | URL | 和さん [ 編集]

☆ 和さん さん こんばんは!


アザミの花は好きなようですよね。
去年 たくさんのツマグロさんがノハラアザミに集まっているのを撮りました。

♀の方が美しい色合いをしていますね。
カバマダラに似せているといいますが・・・

そうですか~ チョウの産卵 初めてご覧になられたのですね。
まさしく たいへんな思いをして子孫を残すようです。

コメントをありがとうございます。

2010-09-30 20:03 | URL | fairy ring [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/tb.php/234-b213379c

Recent Comments

 

Recent Entries

 

Rccent Track Backs

 

Archives

 

Categories

Search in this blog

↑ クリックしていただけると嬉しいです。

Links

Access Counter

Profile

fairy ring

Author:fairy ring
今 この地球上で生きている森の妖精たちの宴と
白い妖精 日本テリアとの暮らし。
・ ぶん(♀)9歳 もん(♂)7歳 

・ ブログ内の記事 画像などの無断転写 転載は
お断りいたします。
・ ブログの趣旨に合わないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。
・ 使用カメラ
Canon EOS 5D
Canon EOS 7D
Canon EOS Kiss X3
OLYMPUS PEN E-P1
Canon EOS 5D Mark Ⅲ
Canon EOS 7D Mark Ⅱ(G)
Canon EOS kiss Digital X
・ 使用レンズ
Canon FD 24mm 1:1.4 L
Canon FD 50mm 1:1.2 L
Canon EXTENER EF 1.4xⅡ
Canon FD 400mm 1:4.5 S.S.C
Canon EF 24-70mm F 2.8L USM
Canon EF 16-35mm F 4L IS USM
Canon EF 400mm F2.8L IS II USM
Canon EF 70-200mm F 2.8L IS USM
Canon EF 100mm F/2.8L Macro IS USM
TAMRON SP AF Di 90mm F 2.8 MACRO
Canon Compact-Macro Lens EF 50mm 1:2.5