羽化したばかりのツマグロヒョウモンが旅立って行きました~2010-09-23(Thu)


今日は昨日から比べると 15度 も低いとか・・・
明日はもっと気温がさがりそうです。

夏中 スミレの葉を食い荒らしていた赤と黒のけばい模様のツマグロヒョウモンの幼虫。
2週間 ほど前に蛹になっていたのが 9月19日 の午前中に何匹かが羽化しました。
羽化の瞬間は撮影できませんでしたが 旅立ちの瞬間を見ることができました。 

それから 昨日までにすべてが無事に羽化して旅立ったようです。
あとは お花にやってきたツマグロヒョウモンです。


過去のツマグロヒョウモンの記事です。

ノハラアザミでアクロバット?ツマグロヒョウモン!

花と蝶 ツマグロヒョウモン

お花畑にやってきたチョウとハチ!

花に集うチョウたち! 1

花と蝶シリーズ

ハタケニラとやってきたチョウ!



1.


鉢の外側にぶら下がった蛹から羽化したばかり!
暫くじっとしています。

オンマウスしてね!

2.


シンビジュームの葉にかけられた蛹。
タテハチョウ特有の蛹。

オンマウスしてね!

3.
nb-4980.jpg

プランターの外側に張られた蛹から羽化したばかり!
お尻がまだ蛹の中にあります。

4.
nb-4979.jpg

すっぽりと出てきました。 

5.
nb-4985.jpg

羽化後 必死でアスパラガスの森から抜け出しています。
この後 飛び立って行きました。

6.
nb-4978.jpg

羽化して空っぽになった蛹の殻。 以上 '10.09.19

7.
nb-4988.jpg

キバナコスモスにやってきたツマグロヒョウモンの♂。 以下は '10.09.20

8.
nb-4989.jpg

正面から見ると猛禽みたいな顔をしていると思いませんか~

9.
nb-4990.jpg

カッコいいですね~

10.


ランタナの花にやってきた♀。
今頃のチョウはこんなに近寄っても逃げないのでいいですね~

オンマウスしてね!

11.


上目遣いにこっちを見ている顔がユーモラス!

オンマウスしてね!

12.
nb-4999.jpg

「ランタナの蜜って美味しいですか~」

13.


吸蜜しながらもやっぱりこっちをしっかりと見ていますね。

オンマウスしてね!

14.
nb-4995.jpg

ツマグロヒョウモン(Argyreus hyperbius Linnaeus (1763))タテハチョウ科 ツマグロヒョウモン属


いつも応援をありがとうございます。クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ マクロ撮影へ
にほんブログ村

☆ ヒガンバナの咲き初めは・・・ もよろしく!

☆ ヒガンバナといっしょ! もアップしました~





Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:花に群がる虫さんたち

Comments(26) | Trackback(0) | 花と昆虫

Comment

おはようございます^^

w(~0~)w わぉ!!! 
これは凄い瞬間が撮れましたねー♪
お庭に住んでいたサナギから誕生の瞬間を激写って
そうそう体験できないので凄いです!!!
何気なく追いかけ回していたツマグロヒョウモンですが
このような姿を見ると愛しく感じますよ♪
今頃、元気に飛び回っているかな? (^^)
がんばれ~ *d(^-^)/*ファイト!
貴重なお写真をありがとうございました^^
ポチッ☆彡

2010-09-24 08:05 | URL | 理彩也 [ 編集]

お庭で

お庭でこんなに何匹も羽化したのですね。それはスミレがさぞかし…
うちではキアゲハが何匹かイタリアンパセリを坊主にして旅立っていきましたが、
蛹になる前にみんな行方をくらましてどこに行ったやら。
蛹姿をみられたのは1匹きりでした。
ツマグロヒョウモンは蛹になるとき逆さまにくっつくんですね。(キアゲハは頭が上)
羽化した直後をご覧になれたのすばらしいですね。
初々しい羽化したばかりのツマグロヒョウモン。この急な寒さが
こたえてはいないかしら。
お花にとまって蜜を吸う雄も雌も、fairy ringさんに気づいていながら
蜜を吸うことを優先。どれくらいの距離まで近づかせてくれるものですか?
こんな至近距離で見られる機会はとんとなく… 目のせいかしら?模様のせいかしら?
とても精悍に見えますね。
素晴らしい写真をたくさん拝見できて嬉しかったです。

2010-09-24 10:36 | URL | ポージィ [ 編集]

あまりに急激な気温の変化に驚いています!!
お互い、体調管理には気をつけましょう^^

ものすごく神秘的なシーンですね!!
アオムシからサナギへと、そしてサナギから蝶へと。。。
命の不思議と素晴らしさを、お写真から、改めて感じさせて頂きました^^
感動をありがとうございます^^

2010-09-24 12:37 | URL | はまぴー [ 編集]

☆ 理彩也 さん こんにちは!


蛹がいくつかできていたのは知っていたのですが あまり興味もわかなくって ほったらかしにしていました。
幼虫は 撮ったことがありますがとてもけばくって アップする気にはなれませんでした。
おかげでスミレの葉っぱはほとんど食い荒らされてしまいました。
もっと羽化の瞬間を狙えばよかったのでしょうが それもあまり気持ちがいいものではなさそうなのでパス!
このくらいなら許せるかな~! って感じです。
だいたい チョウチョってアップで見ると毛と鱗粉がいっぱいで 胴体にいたってはイモムシみたいで・・・
こういうのは遠くで見るべきですね~~笑
11月頃まで成虫が見られるそうです。
冬は卵か蛹で越冬! 生命力強そうです。

コメントとクリックとをありがとうございます。

2010-09-24 13:46 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ ポージィ さん こんにちは!


そうなんです~ この日以外にも何匹か・・・
おかげでスミレの葉はぼろぼろに・・・
毎年幼虫は見るのですが 蛹の頃になるとどこかへ行ってしまっていたので このような蛹を見たのは初めてです。
それも何匹も。
タテハチョウ独特のぶら下がり方だそうですね。
強いチョウだから 大丈夫だと思いますが 失敗したかな?って思っているかしら???

うちでは殺虫剤を一切まかないのでクチナシの葉もオオスカシバの幼虫でボロボロ!
とっても大きくて丸々と太ったスカシバの幼虫が何匹かいます~~!
これも羽化したばかりのを見たことあります。

すごく近くですよ。90ミリマクロで画面いっぱいに入るまで近寄ったので 20-30cm くらいでしょうかね???
目は複眼でしょうが 鋭いですよね。
楽しんでいただけて嬉しいです。

コメントをありがとうございます。

2010-09-24 13:55 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ はまぴー さん こんにちは!


今日 すっごく寒いですよね~
お互い風邪など引かないよう気をつけたいですね。

この幼虫はアオムシではなく黒いボディの背中に1本まっすぐな赤い線がはいっていて トゲトゲがいっぱい!
毒はないのですが 見るからに毒虫のような恰好をしています。
蛹も普通のチョウとは反対に頭があります。

生命の神秘とかはすごいですね。
羽化してプランターから上に登ってやっと旅立って行きました~

コメントをありがとうございます。

2010-09-24 14:00 | URL | fairy ring [ 編集]

羽化しているところなんて始めてみます~。
ましてやこのように綺麗に撮れていて、蝶が好きな方はたまらないでしょうね。

そうそうこの顔この顔、8番目の様に私も撮ったのですが
あまりにも背景が汚くてボツにしましたが綺麗に撮れていますね~。

過去のノハラアザミは8・9番目が気に入りましたよ。
当時は13番目がいいとコメントをしていましたが
好みって変わるものですね。

2010-09-24 16:46 | URL | EMA [ 編集]

☆ EMA  さん こんばんは!


私はあまりチョウチョは好きではないので・・・
一生懸命に観察はしませんでした。
でも羽化したばかりの初々しいツマグロヒョウモンは神秘的でしたよ。

8枚目ありがとうございます。

過去の記事もご覧いただきましてありがとうございます。
あはは! それでいいのだと思います。

コメントをありがとうございます。

2010-09-24 18:14 | URL | fairy ring [ 編集]

こんばんは!
ツマグロヒョウモンの羽化の瞬間は初めて見ました!
素晴らしい瞬間に出会えましたね!
あどけない様子がとても可愛い^^
アスパラガスの森、、ここから旅立ちを
柔らかく見送ってもらえたのですね♪
蛹、けっこう渋いですね~。
ランタナとツマグロちゃん、11枚目
ストロー差し込んだところ、真上から見たのも初めてかも^^
9枚目、ほんとかっこいいですね☆
前ポチ☆

2010-09-24 19:46 | URL | Sippo☆ [ 編集]

ツマグロヒョウモンの羽化の瞬間を撮るなんて凄すぎ!
もちろんこれを撮るため計画的に飼育したんですよね!!
もう全開モードですね!^^

2010-09-24 20:36 | URL | びーぐる [ 編集]

蛹もかわいい

庭の植木鉢にぶら下がっていたのですね。
蛹も可愛いですねぇ。
羽化したてのまっさらの姿がとても神秘的に見えます。
5枚目、アスパラの森の姿、真剣ですね。
7枚目以降の成虫の姿、すばらしいです。
正面顔、大好きです。

2010-09-24 21:28 | URL | asitano_kaze [ 編集]

凄い


うわっ幼虫で検索したら黒と赤の本当にケバケバしい!
こんなに派手で鳥とかに食べられないのかな?
毒は持ってないけど、毒があるよ・・・って感じですかね。

羽化の瞬間を凄いですね!
以前の写真のセセリの目が可愛いですね。

どれもとても綺麗なマクロです^^)



2010-09-24 21:49 | URL | ミンゴ [ 編集]

☆ Sippo☆  さん こんばんは!


私も初めて見ました。
神秘的で初々しい感じですよね。
蛹の背中?部分のシルバーのメタリックな輝きがきれいでした。
何故かこのアスパラガスの森(笑)に迷い込んでしまいました~
ストローを入れながらもちゃんとこっちを向く視線が面白かったです。

カッコいいですよね。

コメントとクリックとをありがとうございます。

2010-09-24 22:03 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ びーぐる  さん こんばんは!


そんな計画的なことはしていません。
夏中 幼虫がいたのは知っていましたが そのうちいつもどこかへ行ってしまうのです。
今年は蛹を幾つか見つけました。
この日だけでも3-4匹 羽化してゆきました。
もうすぐ羽化するとは思っていましたが・・・

コメントをありがとうございます。

2010-09-24 22:06 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ asitano_kaze  さん こんばんは!


はい! 植木鉢 プランター シンビジュームの葉にそれぞれ蛹が張られていました。

蛹のメタリックに輝くシルバーの点々が美しかったです。
幼虫のけばけばしさからは想像できない それでいてタテハチョウの地味さを持った蛹ですね。
プランターから羽化したチョウはこの森に迷い込んで真剣に抜け出そうとしていました。

7枚目以降 ありがとうございます。
正面顔 おもしろいですよね。

コメントをありがとうございます。

2010-09-24 22:11 | URL | fairy ring [ 編集]

☆ ミンゴ さん こんばんは!


ねっ! 幼虫はとてもトゲトゲしていてけばけばしているでしょ!
とても触る気にはなれないですよね。
毒をもっていないのに毒をもっている幼虫に似せているのですね。これで鳥さんからは守られているのですよね。

以前の記事もご覧いただきましてありがとうございます。
お褒めいただき嬉しいです。全部手持ちです~

コメントをありがとうございます。

2010-09-24 22:14 | URL | fairy ring [ 編集]

これってもしかして…黒に赤の線が縦に一本入ってる…あれですか?
最近道端でよく見るんですよー、ねこじゃらしみたいな雑草によく居ます。
今日も1匹発見して、慌てて逃げてきました(汗)

最初は毒虫かと思いましたが、実はそうじゃないんですね。
それでも見た目のグロさは私には有毒です~。
蝶は全く平気なんですけどね。

2010-09-25 00:11 | URL | エミリー [ 編集]

☆ エミリー さん おはようございます!


そうです! そうです。背中に1本赤い筋が走っていてとげとげした毛が生えていていかにも有毒~! って感じの・・・
スミレの葉を食べていますので 野のスミレとか園芸種のパンジーやビオラの葉によくいます。

ジャコウアゲハの幼虫も黒と赤(白も混じっていますが)ですが こちらは有毒でウマノスズクサを食べます。

ツマグロヒョウモンの成虫の♀はやはり有毒なカバマダラにそっくりです。

そのうち蛹を発見できるかもですよ~

自然界っておもしろいですね。

コメントをありがとうございます。

2010-09-25 09:42 | URL | fairy ring [ 編集]

おぉ~ チョウチョの観察
なんか 小学生の授業みたいです。
羽化した直後はまだ 
羽に色がついていないんですね。
だんだん 赤みがかってきて綺麗です。

2010-09-25 19:11 | URL | ぶーたんママ [ 編集]

★ ぶーたんママ さん こんばんは!


はい! 偶然だったのですが 観察できました。
今日はまた 産卵シーンに出会うことができましたよ。

神秘的ですよね。
産卵シーンはよたよたになりながらもスミレの葉に卵を産み付けていました。

こちらにもコメントをありがとうございます。

2010-09-25 19:32 | URL | fairy ring [ 編集]

fairy ringさん
ツマグロヒョウモン、最近当地でもよく見ます。
スミレなんかを食草にしてるのですか、なるほど。
しっかり追っかけて撮られてますね。

ムクゲが今年はいつまでも元気ですがそろそろですね。

タケニグサはあまり見かけません。
昔はあちこちにあったようなことや名前の由来を「道端植物園」大場秀章・平凡社新書で読みました。

別ブログのヒガンバナ、ブンちゃんの思い出ですね。
ブンちゃんも彼岸で楽しんでることでしょう。

2010-09-25 21:06 | URL | kazebyu [ 編集]

☆ kazebyu さん こんばんは!


このチョウ あちこちで見かけますよね。
昔はあまり見なかったような・・・
幼虫はスミレの葉を食草としています。
今日は産卵シーンを見ましたよ。

ムクゲ 元気ですよね~

タケニグサ お見掛けになりませんか~
そちらの方にはあまりないのでしょうかね?
こちらでもすぐに刈り取られえしまうようですが・・・

はい! 彼岸でたのしくやってくれているといいのですが・・・

たくさんの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

コメントをありがとうございます。

2010-09-25 21:14 | URL | fairy ring [ 編集]

我が家もスミレの葉はすべてまる坊主になりましたが、
蛹どこかにあったかしら。

ツマグロヒョウモンの目、面白いですね~
外人みたい 笑
先日、キアゲハと見つめあってしまいました、不思議な感覚でしたが、fairy ring さんは沢山経験されているのでしょうね。

2010-09-25 23:19 | URL | haniwa [ 編集]

☆ haniwa さん こんばんは!


あら~やっぱりですか~
うちはクチナシもすべて丸坊主!
おまけに今日もオオスカシバ しっかりと卵を産み付けてゆきました~
ツマグロヒョウモンも産卵してゆきました~

目 おもしろいですよね~
はい!何度も目を合わせていますよ~

コメントをありがとうございます。

2010-09-25 23:29 | URL | fairy ring [ 編集]

ツマグロヒョウモン の巣立ちを順におって見させていただきましたが、すごいですね。羽はきれいだし、お目目も面白いです。ピンと伸ばしてる2本のヒゲ?がいつもまっすぐなのが特に目につきました。瞬間からの撮影は時間がかかったのでしょうね。こういうのを見れるのは幸せです。ありがとうございます。

2010-09-26 11:25 | URL | capira [ 編集]

☆ capira さん こんにちは!


ありがとうございます。
もうちょっと早くから粘っていれば脱皮の瞬間も撮れたのでしょうが あまり興味がなかったもので・・・
羽化したばかりのチョウチョさん 神秘的ですよね。
触覚といいます。おもしろいですよね。

昨日はこのチョウのメスがフラフラになりながらも 産卵をしているシーンに出会えました。
とても感動しましたよ。そのうちにアップしますね。

こちらにもコメントをありがとうございます。

2010-09-26 12:08 | URL | fairy ring [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/tb.php/232-7d014cce

Recent Comments

 

Recent Entries

 

Rccent Track Backs

 

Archives

 

Categories

Search in this blog

↑ クリックしていただけると嬉しいです。

Links

Access Counter

Profile

fairy ring

Author:fairy ring
今 この地球上で生きている森の妖精たちの宴と
白い妖精 日本テリアとの暮らし。
・ ぶん(♀)9歳 もん(♂)7歳 

・ ブログ内の記事 画像などの無断転写 転載は
お断りいたします。
・ ブログの趣旨に合わないコメントやトラックバックは 削除させていただきます。
・ 使用カメラ
Canon EOS 5D
Canon EOS 7D
Canon EOS Kiss X3
OLYMPUS PEN E-P1
Canon EOS 5D Mark Ⅲ
Canon EOS 7D Mark Ⅱ(G)
Canon EOS kiss Digital X
・ 使用レンズ
Canon FD 24mm 1:1.4 L
Canon FD 50mm 1:1.2 L
Canon EXTENER EF 1.4xⅡ
Canon FD 400mm 1:4.5 S.S.C
Canon EF 24-70mm F 2.8L USM
Canon EF 16-35mm F 4L IS USM
Canon EF 400mm F2.8L IS II USM
Canon EF 70-200mm F 2.8L IS USM
Canon EF 100mm F/2.8L Macro IS USM
TAMRON SP AF Di 90mm F 2.8 MACRO
Canon Compact-Macro Lens EF 50mm 1:2.5